メニューを開く
検索エリア

新型コロナウイルス感染症対応に関するKDDIの基本方針

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2020年5月14日

新型コロナウイルス感染症により、亡くなられた方に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、罹患された方、不安で辛い日々を過ごされているすべての皆さまに心からお見舞い申し上げます。
また、感染拡大防止にご尽力されている皆さまには深く感謝申し上げます。

長期化が想定される新型コロナウイルス感染症の影響に対し、KDDIグループは、事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み続けるという決意のもとに策定した「KDDI Sustainable Action」の考え方に基づき、命、暮らし、心をつなぐライフラインを提供する企業としてグループの力を結集し、以下の5つの方針を軸に対応を検討・実施することで社会的使命に応えていきます。

新型コロナウイルス感染症対応に関するKDDIの基本方針
  1. お客さまおよび当社・関係各社の従業員の安全を最優先に確保します
  2. 増加する通信トラフィックに対応し、社会の基盤・ライフラインである通信サービスを維持します
  3. 政府・自治体・公共団体などの取り組みに積極的に協力します
  4. テレワーク・オンライン教育・遠隔医療など、個人・法人のお客さまのDXを推進し環境変化に強いレジリエントな社会基盤の構築に貢献します
  5. 生活の不安・困難を減らし心を満たせるようなお客さま体験を提案します

1. お客さまおよび当社・関係各社の従業員の安全を最優先に確保します

(1) auショップでは営業時間の短縮に加えて、受付カウンターへのパーテーションの配置や、消毒液およびマスクの配備による感染拡大防止の取り組みを徹底しています。また、お客さまセンターや各種サポートセンターでは、スタッフ同士が安全な距離を保ったまま対応を行えるよう出勤人数を減らすなどの取り組みを行いながら、お電話やウェブでのお客さまサポートの提供を継続していきます。

(2) KDDIでは、重要業務要員の出勤と社員のテレワークを原則とし、指定公共機関である電気通信事業者として通信という重要なサービス提供を担う責務を果たしていきます。社員のうち約9割がテレワークを実施し、業務縮小や執務室・休憩室の分散によるソーシャルディスタンスの確保など、さらなる感染拡大の防止に取り組んでいます。

auショップの営業時間短縮やKDDIにおける最新の各種取り組みは、新規ウィンドウが開きますauホームページでご確認いただけます。

auショップでの取り組み

新規ウィンドウが開きます2020年4月17日プレスリリース
全国のauショップの営業時間短縮と感染拡大防止の取り組みについて

<受付カウンターパーテーション イメージ>

2. 増加する通信トラフィックに対応し、社会の基盤・ライフラインである通信サービスを維持します

(1) 2020年5月現在、KDDIの通信ネットワークにおけるピーク時のトラフィックの伸びは、感染拡大前に比べ1割程度となっており、現時点でネットワーク全体容量は十分確保されています。感染拡大前と比較し、データ、音声ともにトラフィックは増加していますが、災害時などにおいてもピークトラフィックを疎通することができるようネットワークは設計されています。

(2) テレワークなどの利用増加に伴い、平日9時から18時の時間帯で、固定系の通信を中心に6割程度トラフィックが伸びていますが、モバイル通信のトラフィックには大きな変化が見られません。
モバイル通話 (VoLTE呼量) は、平時と比べて最大2割弱の伸びを示しており、お客さまの通話に対する高いニーズが推察されます。

<感染拡大前と直近のトラフィック増減 (感染拡大前の2月 (2/3~2/23) と4月 (4/6~4/26) の比較)>
※ 各値とも2月と4月の同週比較を行い、その最大値を掲載

(3) 今後、オンライン授業がより頻繁に行われると、平日9時から18時の時間帯におけるさらなるトラフィックの伸びが想定されます。トラフィックのさらなる増加に備え、引き続き、社員および関係会社スタッフの安全を確保しつつ、安定した通信環境の維持のため一丸となって取り組みます。

3. 政府・自治体・公共団体などの取り組みに積極的に協力します

政府・自治体への位置情報分析データの提供をはじめ、社会的状況の変化に応じて、政府・自治体・公共団体の取り組みに積極的に協力します。

位置情報分析データの提供

新規ウィンドウが開きます2020年4月22日プレスリリース
新型コロナウイルス感染症対策に向け、位置情報ビッグデータ分析ツール「KDDI Location Analyzer」を全国の自治体へ無償提供

pdfファイルをダウンロードします2020年5月11日発表
KDDI Location Analyzerを用いた全国主要観光地におけるGW期間中の詳細人流分析レポート (6.9MB)

料金支払い期限延長などの対応

新規ウィンドウが開きます2020年3月19日プレスリリース
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う料金請求の取り扱いについて

寄付の実施 (3月31日に1億円、4月30日に3,515,500円)

新規ウィンドウが開きます2020年4月1日プレスリリース
新型コロナウイルス対策支援として中央共同募金会への寄付を実施

新規ウィンドウが開きます2020年4月30日サステナビリティニュース
新型コロナウイルス対策支援として中央共同募金会への寄付を追加実施

4. テレワーク・オンライン教育・遠隔医療など、個人・法人のお客さまのDXを推進し環境変化に強いレジリエントな社会基盤の構築に貢献します

(1) 新型コロナウイルスの感染症拡大をきっかけに、オンライン化へのニーズが加速するなか、通信インフラを支える企業として、さまざまな状況下でも社会活動が継続できるようなオンライン環境の整備を進め、個人・法人のお客さまのDXを推進していきます。

(2) 適時適切なオンライン教育や遠隔医療の環境整備に向けたさまざまな取り組みを検討していきます。

(3) 多目的なイベント空間をオンライン上に構築し、さまざまな経済活動および文化活動をサポートしていきます。

オンライン教育に向けた支援など

新規ウィンドウが開きます2020年4月3日プレスリリース
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う支援について
~学生 (25歳以下) のお客さまのauデータチャージご利用料金を無償化~

新規ウィンドウが開きます2020年4月7日プレスリリース
新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、学生 (25歳以下) のお客さま向けにデータ使い放題プランの割引を実施

新規ウィンドウが開きます2020年4月13日プレスリリース
KDDIとメイツ、家庭学習支援サービスの提供に向けパートナーシップを構築
~新型コロナウイルス感染症拡大に伴う教育環境変化に対応し、オンライン学習支援サービスを一部前倒しで提供開始~

5. 生活の不安・困難を減らし心を満たせるようなお客さま体験を提案します

ご自宅で過ごす時間が増えるなか、少しでも豊かで快適にお過ごしいただけるよう、キャッシュレス決済でお買い物がおトクになる施策や、エンターテインメントコンテンツのライブストリーミングなどさまざまな取り組みを実施していきます。

コンテンツ・エンターテインメントの無料提供

新規ウィンドウが開きます2020年3月9日トピックス
「ブックパス読み放題プラン」を期間限定で無料提供

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、人々・企業・社会をつなぎ、さまざまなパートナーとともに、未来へワクワクする体験価値を創造していきます。

(参考)

■KDDI Sustainable Action

新規ウィンドウが開きます2020年5月14日プレスリリース
社会とともに持続的に成長・発展する未来へ向けて、命・暮らし・心をつなぐ「KDDI Sustainable Action」を策定
~2030年へ向けたSDGsの目標を設定~


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。