メニューを開く
検索エリア

コロナ影響を受けた全業界の事業者に対してクラウドファンディングなどを通じた最大5億円支援を実施

このページを印刷する

~CAMPFIRE「新型コロナウイルスサポートプログラム」手数料の完全無償化で資金調達を後押し~

  • KDDI株式会社

2020年7月1日

KDDIは、クラウドファンディングプラットフォームを展開する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:家入 一真、以下 CAMPFIRE)と協力し、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い経営に大幅な支障をきたした事業者のため、クラウドファンディングなどを通じて、最大5億円の支援を2020年7月1日から行います。

<新型コロナウイルスサポートプログラム ロゴ>

■背景

  • 新型コロナウイルス感染症の影響による不要不急の外出自粛、消費減退、インバウンド需要の消滅など、多くの事業者が経営や生産に大幅な支障をきたしています。インターネット上で不特定多数の人から少額ずつ資金を調達することのできるクラウドファンディングの活用が、外食、地域・観光、音楽・アート、エンターテインメント・スポーツなど多種多様な産業で広がっています。
  • CAMPFIREは、このようなコロナ影響を受けた事業者の資金調達や販路拡大を支援するため、2020年2月28日から「新型コロナウイルスサポートプログラム」(以下 本プログラム)を開始し、サービス手数料を無償化しました。
  • 新型コロナウイルスによる多大な経済的影響を受けた事業者・個人の、本プログラムにおけるプロジェクト数は2,700件以上、支援者は55万人以上、総支援総額は62億円以上にも上っています(該当項目へジャンプします注1)。クラウドファンディングは、支援者による支援をコロナ困難者に直接届けることのできる日本社会における支援インフラとなっています。

新規ウィンドウが開きます新型コロナウイルスサポートプログラムウェブサイト

■実施内容

KDDIは、本プログラムに賛同し、以下の支援を実施します。

1. 事業者の資金調達や販路拡大の支援

2020年7月1日午後12時00分から2020年7月31日11時59分に本プログラムに申請されたプロジェクトの決済手数料5%をKDDIが負担し、本プログラムで発生する手数料を最大3億円まで無償化します。これにより、CAMPFIREのサービス手数料無償化とあわせ、プロジェクト起案者の手数料負担は完全に無償化され、支援者からの支援金を100%(該当項目へジャンプします注2)起案者に届けることができます。

<手数料無償化の概要>

2. テーマパーク支援

休園が相次いだ遊園地や動物園などのテーマパークに対し、本プログラム上での手数料の無償化に加え、事前チケット販売時の割引支援や集客のためのテーマパーク向けソリューションを提供し、営業再開を後押しします。

  • (1)

    支援内容

    [1]事前チケット販売時の割引支援
    テーマパークチケットの割引販売を本プログラム上で実施する場合、チケット割引金額をKDDIが負担します。

    [2]テーマパークのDXを推進する映像配信ソリューションの提供
    KDDIのテーマパーク向けソリューションである映像配信用機材や配信用プラットフォームなどを一部無償貸与し、集客策に活用いただきます。

  • (2)

    対象テーマパーク

    ハウステンボスなど全国50以上のテーマパークが対象です。

KDDIは、長期化が想定される新型コロナウイルス感染症の影響に対し5つの方針を掲げています。

2020年5月14日 プレスリリース
新規ウィンドウが開きます新型コロナウイルス感染症対応に関するKDDIの基本方針

本取り組みを通じて、新型コロナウイルス感染症拡大によって多大な影響を受けた事業の再建に加え、ニューノーマルを見据えた新事業や新ビジネスモデルの創造、展開を応援していきます。

本取り組みについて、株式会社CAMPFIRE代表取締役 家入一真氏は次のように述べています。
「CAMPFIREは資金調達の民主化を掲げ、2011年よりクラウドファンディング事業を運営しています。弊社の新型コロナウイルスサポートプログラムはコロナで経済的影響を受けたあらゆる産業の方々に活用いただき、55万人を超える支援者からの温かい支援が寄せられています。本プログラムの影響もあり、2020年5月の支援額は約40億円と過去最高に達しました。今回KDDI様に本プログラムの主旨に賛同いただき、本プログラムの手数料の完全無償化を実現できることは、起案者の方々にとってさらなる支援・力となると確信しています。」

本取り組みについて、KDDI株式会社 代表取締役社長 髙橋 誠は次のように述べています。
「弊社は新型コロナウイルスによって経済的影響を受けた全国の全産業の事業者様への支援方法について検討を重ねてまいりました。今回、弊社KDDI Open Innovation Fund出資先でもあるCAMPFIRE様の新型コロナウイルスサポートプログラムに賛同し、支援者の想いを後押しする取り組みとして手数料完全無償化を実施します。多くの事業者様にぜひ本プログラムを活用いただき、事業存続に繋げていただきたいと考えています。」

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

■「新型コロナウイルスサポートプログラム」手数料完全無償化の概要

1. 概要

2020年7月1日午後12時00分00秒から2020年7月31日午前11時59分59秒までに所定のフォームからエントリーし、2020年8月31日午前11時59分59秒までにプロジェクトページ作成後の初回申請を行い、2020年10月30日までに公開した「All in」および「All or Nothing」方式(該当項目へジャンプします注3)のプロジェクトについては、支援金振込時にかかるサービス手数料が通常12%から0%に、決済手数料が通常5%から0%になります。
本プログラムにおける決済手数料0%の適用は、総額最大3億円までとなります。

2. 適用資格

  • 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、イベント中止・自粛を発表したアーティストやイベント事業者、飲食店舗、宿泊施設などをはじめ経営・生産に大幅な支障をきたした事業者であること(第三者による応援プロジェクト、現在公開中のプロジェクトは対象外)
  • 収益の損失などが発生していること
  • 上記が客観的に証明できる情報の提出
  • プロジェクトの内容が公序良俗に反しないこと

3. 対象サービス

CAMPFIRE、GoodMorning、3rdTable、CLOSS

  • FAAVO、BOOSTER、machi-ya、CAMPFIREふるさと納税、EXODUS、CAMPFIRE Community、CAMPFIRE Creation、海外事業者様の一部プロジェクトは本プログラムの適用対象外

(参考)

■新型コロナウイルスサポートプログラム掲載の成功プロジェクト一例

■KDDIとCAMPFIREの今までの取り組みについて

KDDIは、2019年3月7日にクラウドファディングのさらなる成長とフィンテック事業の拡大を見据え、CAMPFIREに「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)を通じて出資しました(該当項目へジャンプします注4)。両社はクラウドファンディングキュレーションチャンネルの共同開設(該当項目へジャンプします注5)など、新しい体験価値の創造に向け取り組んでいます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。