メニューを開く
検索エリア

KDDIとCAMPFIRE、クラウドファンディングキュレーションチャンネルを共同開設

このページを印刷する

~第一弾は「ママリ」とパパ育休推進冊子配布プロジェクト~

  • KDDI株式会社
  • 株式会社CAMPFIRE

2019年11月21日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) と、クラウドファンディングサービスを展開する株式会社CAMPFIRE (本社: 東京都渋谷区、代表取締役CEO: 家入 一真、以下 CAMPFIRE) は、"ワクワクする未来を創る"をスローガンに共同で運営する新規ウィンドウが開きますクラウドファンディングキュレーションチャンネル (以下 本チャンネル) を、2019年11月21日に開設しました。

本チャンネル掲載プロジェクトの第一弾としてKDDIグループのコネヒト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 北吉 竜也、以下 コネヒト) が提供するママ向けNo.1 (該当項目へジャンプします注1) アプリ「ママリ」(以下 ママリ) による、新規ウィンドウが開きます「パパの育休の過ごし方を考えるための冊子」を10万部配布するプロジェクト (以下 本プロジェクト) を2019年11月21日より開始します。
なお、本チャンネルは、社会課題の解決を目指す社会貢献部門と、生活に新しい変化を生むチャレンジを応援するエンターテイメント部門により構成されており、本プロジェクトは社会貢献部門の第一弾の取り組みとなります。

<クラウドファンディングチャンネルイメージ>

本チャンネルは、KDDIおよびKDDIグループ企業に加え、KDDI ∞ Labo (該当項目へジャンプします注2) 参加企業や、KDDI Open Innovation Fund (該当項目へジャンプします注3) の投資先企業などが"ワクワクする未来を創る"ための新しい取り組みを創出、促進する目的で開設した協業チャンネルです。KDDIは、auのお客さまへの掲載プロジェクトのお知らせや、auショップでプロジェクト内容をお客さまに体験いただく機会の提供などを通じて本チャンネル掲載プロジェクトの成功に向けたサポートを行います。CAMPFIREは、プロジェクトに関する情報発信や企画・運営のサポートを行います。
また、本チャンネルにおいて、今後一般の方からのプロジェクト公募も実施していく予定です。

なお、両社は本チャンネルの取り組みのほか、2019年11月22日に開業する渋谷PARCO「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」において、新規ウィンドウが開きます渋谷エンタメテック推進プロジェクトと連携し、第5世代移動通信システム5G時代のXRアート展示を行うなど、新しい体験価値の創造に取り組んでいきます。

今後も、KDDIとCAMPFIREは、"ワクワクする未来を創る"ための本チャンネルの運営を通じて、クラウドファンディングにおける新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。

該当項目へジャンプします別紙: KDDIとCAMPFIRE、クラウドファンディングキュレーションチャンネルを共同開設


<別紙>

■クラウドファンディングキュレーションチャンネルについて

1. 概要

本チャンネルでは、次世代がワクワクする未来の社会を創っていくために必要な、ダイバーシティ推進、次世代の育成、地方創生などの社会課題の解決を目指すプロジェクトを、KDDIグループや関連スタートアップ企業、地方自治体などと一緒に創出、応援していきます。プロジェクトのテーマに応じて、社会貢献部門もしくはエンターテインメント部門に掲載し、支援を募ります。
また、KDDIグループや関連スタートアップ企業の新サービスや新商品のテストマーケティングとなるプロジェクトを実施し、お客さまに身近でワクワクを感じていただけるサービス、商品を創出していきます。

  • (1)

    社会貢献部門
    「社会課題の解決を目指す」「より豊かな社会を創る」チャレンジを募集します。社会課題の解決がゴールとなるため、ソーシャルグッド特化型クラウドファンディング「新規ウィンドウが開きますGoodMorning」を中心に実施します。

    • 「GoodMorning」は「CAMPFIRE」のグループ企業で、ソーシャルグッド特化型で社会課題解決を目指す人向けのクラウドファンディングです。
  • (2)
    エンターテインメント部門
    「生活に新しい変化を生む」「遊び心を創る」チャレンジを募集する部門です。賛同・応援いただいた方にはプロジェクトでしか手に入らない特別なモノ・サービスなどのリターンをご用意するため購入型クラウドファンディング「新規ウィンドウが開きますCAMPFIRE」を中心に実施します。

■「パパの育休の過ごし方を考える冊子」の配布プロジェクトについて

1. 背景

日本の男性育休取得率は、2018年10月時点で6.16% (該当項目へジャンプします注5) です。厚生労働省では2020年度に向け13%へ引き上げていく方針で、今後男性の育休取得はさらに増加する見込みです。
一方、「ママリ」に日々集まる投稿の中には、夫の育休取得中の育児への向き合い方や過ごし方に対する否定的な声も多く寄せられています。コネヒトは「育休の量=育休取得率・取得期間」に加え、「育休の質=育休中の過ごし方」にも課題があると考え、本チャンネルの社会貢献部門の第一弾として本プロジェクトを実施します。本プロジェクトを通して、パパの育休が家族にとって効果的に活用される社会を目指します。

2. 実施概要

育休を取得するパパに必要な情報をまとめた冊子と、パパとママが一緒に育児や育休中の過ごし方を考えるためのワークシートを製作し、本プロジェクトに賛同いただいた企業や地方自治体の窓口で、年間出生数の10%にあたる10万部の配布を目指します。

新規ウィンドウが開きます「パパの育休の過ごし方を考えるための冊子」配布プロジェクト

KDDIは、本プロジェクトに賛同し、支援者になるともに、クラウドファンディング成功後には、KDDI社員へ本冊子を配布 (該当項目へジャンプします注4) します。また、冊子の使い方に関するワークショップをKDDI社内で開催し、KDDIの男性育休取得率を上げていく取り組みを行っていきます。
なお、KDDIは、ママが一歩を踏み出しやすい社会の実現を目指すママリの社会発信活動「新規ウィンドウが開きます変えよう、ママリと」の企業パートナーとしての活動の一環として本プロジェクトに取り組みます。

<「パパの育休の過ごし方を考える冊子」>

<ワークシートイメージ>

(参考)

■各社概要

新規ウィンドウが開きます株式会社CAMPFIRE

  • 本社所在地:
    東京都渋谷区渋谷2-22-3渋谷東口ビル 5F
  • 代表者:
    代表取締役CEO 家入一真
  • 設立年月日:
    2011年1月14日
  • 主な事業内容:
    購入型クラウドファンディング事業、融資型クラウドファンディング事業、それらに付帯する事業の企画・開発・運営。

新規ウィンドウが開きますKDDI株式会社

  • 本社所在地:
    東京都千代田区飯田橋3-10-10ガーデンエアタワー
  • 代表者:
    代表取締役社長 髙橋 誠
  • 設立年月日:
    1984年6月1日
  • 主な事業内容:
    電気通信事業
  • 注1)
    妊娠中~2歳0カ月の子供を持つ女性1,084人を対象とした調査より「現在使っているアプリ (妊娠・子育て系) をすべて教えてください」で第1位 (2019年3月実施、調査協力: インテージ)。
  • 注2)
    KDDIがスタートアップと新事業価値を創造するプラットフォームのこと。
  • 注3)
    KDDIのスタートアップ投資を行うコーポレートベンチャーキャピタルのこと。
  • 注4)
    妊娠中の社員および妊娠中のパートナーのいる社員を中心に配布します。
  • 注5)
    厚生労働省新規ウィンドウが開きます平成30年度雇用均等基本調査より引用。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。