メニューを開く
検索エリア

東京都内のタクシーにおける訪日外国人向け「多言語音声翻訳システム」の実証実験を実施

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • みんなのタクシー株式会社
  • 株式会社グリーンキャブ
  • 国際自動車株式会社
  • 寿交通株式会社
  • 大和自動車交通株式会社
  • チェッカーキャブ無線協同組合

2019年11月12日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、みんなのタクシー株式会社 (本社: 東京都台東区、代表取締役社長: 西浦 賢治、以下 みんなのタクシー) は、都内タクシー会社5社 (株式会社グリーンキャブ (本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 髙野 公秀)、国際自動車株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 西川 洋志)、寿交通株式会社 (本社: 東京都三鷹市、代表取締役社長: 千田 裕)、大和自動車交通株式会社 (本社: 東京都江東区、代表取締役社長: 前島 忻治)、チェッカーキャブ無線協同組合 (本社: 東京都中央区、理事長: 秋山 利裕)) と連携して、上記東京都内タクシー5社のタクシー車両において、多言語音声翻訳システム (以下 本システム) (該当項目へジャンプします注1) を活用し、訪日外国人観光客がタクシー内で円滑なコミュニケーションを実現するための実証実験 (以下 本実験) を実施します (該当項目へジャンプします注2)。
また、両社は、2019年11月5日に合意した資本業務提携の内容を踏まえて、本システムの活用や新サービスの創出などを推進していきます。

<設置イメージ>

東京都の訪日外国人観光客は、平成30年度には1,424万人となり、前年比で3.4%増と増加傾向にあります (該当項目へジャンプします注3)。多様な国や地域から訪問する外国人観光客とタクシー乗務員との多言語での円滑なコミュニケーションに対するニーズが高まっています。
KDDIは、これまで鳥取県、東京都、沖縄県における観光タクシー内での本システムの実証実験 (該当項目へジャンプします注4) を行っており、円滑なコミュニケーションの実現とタクシー乗務員の操作負担の軽減に関して、検証と改善を繰り返すことにより、精度を向上してきました。
今後、各社は本実験を踏まえて、訪日外国人観光客の満足度や安心感の更なる向上に加え、タクシー乗務員によるきめ細やかなコミュニケーションの実現に向け、本システムの商用化の検討を進めていきます。また、都内タクシー会社5社が既に導入しているIoTサイネージサービスや、タクシー配車アプリ「S.RIDE」と連携したS.RIDE Walletの機能を有する後部座席タブレットに本システムを搭載し、一つのタブレットで多様な機能を一括で提供し、乗客の利便性の向上を目指します。


<別紙>

■多言語音声翻訳システムについて

タクシーの後部座席に設置されたタブレット内臓のマイクと、運転席に設置されたマイクを通して、会話を行います。それぞれの会話は、クラウド上にある多言語翻訳プラットフォームにより、目的の言語に翻訳されます。

■みんなのタクシー概要

みんなのタクシーは、都内タクシー事業者およびソニーグループなどとの合弁企業です。株主である都内タクシー事業者が保有するタクシー車両は都内最大規模の1万台を超えています。

  • (1) 商号
    みんなのタクシー株式会社
    (2) 事業内容
    タクシー事業者等に向けた配車ソフトウェア・システム他の企画・開発・サービス提供
    (3) 設立年月日
    2018年5月31日
    (4) 本店所在地
    東京都台東区台東1-24-2
    (5) 代表者
    代表取締役社長 西浦 賢治

■タクシー配車アプリ「S.RIDE」について

タクシー配車アプリの名称"S.RIDE" (該当項目へジャンプします注5) は、Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を象徴しています。ワンスライドすることで、東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができ、乗車事前や車内でのネット決済やQRコード決済により、すぐに降車ができるタクシー配車サービスです。

新規ウィンドウが開きます"S.RIDE" HP


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。