メニューを開く
検索エリア

神奈川県真鶴町「未病を治す森の駅」プロモーション事業に協力

このページを印刷する

2016年3月24日

KDDI株式会社

KDDIは、神奈川県真鶴町が実施する「未病を治す森の駅」プロモーション事業に協力をしており、3月24日木曜日に、本プロモーション事業のお披露目会が実施されました。

「未病を治す森の駅」プロモーション事業は、神奈川県が県西地域活性化プロジェクトの一環で、健康寿命を伸ばし、高齢になっても誰もが健康で長生きできる社会を実現することを目的としています。今回開催されたお披露目会では、真鶴の美味しいお魚をお届けする移動販売「真鶴おさかな号」や、「森の駅 ケープ真鶴 (神奈川県真鶴町)」内に設置された「御林ステーション」、JRの都内各駅や小田急線で配信された本プロモーションPR動画などの紹介がされました。

「真鶴おさかな号」は、KDDIのAR技術 (SATCH VIEWER) による協力を行っており、おさかな号に表示された魚介類の絵にスマートフォンをかざすと、真鶴の美しい海と愉快な魚の世界がご覧いただけるなど、美味しいお魚にプラスしたコンテンツもお楽しみいただけます。

また、「御林ステーション」の展示物やJRの都内各駅や小田急線で配信されたPR動画は、2015年3月から8月にかけて、KDDIが、真鶴町、多摩美術大学 (東京都八王子市) と共に実施した産官学連携プロジェクト「真鶴スマート魚つき林 (注)」で、学生たちが企画したものを参考に作成したもので、KDDIは、デジタルコンテンツなどの技術協力も行っています。

KDDIは、今後も地域の活性化に向けた取り組みを積極的に応援してまいります。

神奈川県真鶴町「未病を治す森の駅」プロモーション事業内容

1. 真鶴おさかな号

真鶴おさかな号は、真鶴の海で捕れた新鮮な魚を販売するたけでなく、荷台部分にAR技術 (Augumented Reality) を搭載した移動販売車です。KDDIの提供するARアプリ「SATCH VIEWER」をスマートフォンにダウンロードし、真鶴おさかな号にスマートフォンをかざすと、真鶴の美しい海と愉快な魚の世界をお楽しみいただけます。

真鶴おさかな号

真鶴おさかな号

ARコンテンツをお楽しみいただけます。
SATCH VIEWERを立ち上げて、スマートフォンをかざしてみてください。

新規ウィンドウが開きますSATCH VIEWER

2. 御林ステーション

御林ステーションは、初めて真鶴町に訪れる人たちに、また御林と共に生きる町民の方々に御林の魅力を知っていただく、きっかけの場です。施設の中には、産官学連携プロジェクト「真鶴スマート魚つき林」内で学生たちが考案した、真鶴町の魅力を伝える制作物も展示されています。KDDIは、KDDI研究所の「自由視点映像」の映像編集技術を活用し、真鶴の魚つき保安林をドローンで撮影した映像コンテンツの協力を行っています。
新規ウィンドウが開きますKDDI研究所「自由視点映像」

3. プロモーションPR動画「帰りたくなる、いのちの町」編

産官学連携プロジェクト「真鶴スマート魚つき林」内で学生たちが企画したものを参考に作成された、心がほっと落ち着く真鶴町の魅力を凝縮させたプロモーション動画で、JRの都内各駅や小田急線内で配信されました。

新規ウィンドウが開きます真鶴町 未病を治す森の駅プロモーションWEBサイト


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。