メニューを開く
検索エリア

5Gのスタンドアローン構成でのエンド・ツー・エンド ネットワークスライシングの実証実験に成功

このページを印刷する

~5Gネットワークを仮想的に分割し、用途・ニーズに合わせて品質保証や低遅延の通信提供を実現~

  • KDDI株式会社

2020年9月23日

KDDIは、Samsung Electronics Co., Ltd. (本社: 大韓民国水原市、CEO: Kinam Kim (金 奇南)、以下 サムスン電子) と協力し、5Gのスタンドアローン構成 (以下 5G SA) (該当項目へジャンプします注1) において、仮想的に5Gネットワークを分割し、お客さまの用途やニーズに合わせた品質保証や低遅延などの複数の通信を同時にエンド・ツー・エンド (以下 E2E) (該当項目へジャンプします注2) で実現するネットワークスライシングの実証実験 (以下 本実証実験) に成功しました。
なお、O-RAN Alliance (該当項目へジャンプします注3) で規定されるRIC (該当項目へジャンプします注4) をネットワークスライシングの制御に用いて、E2Eネットワークスライスの生成に成功した実証実験は、世界初 (該当項目へジャンプします注5) となります。

本実証実験のイメージ

<本実証実験のイメージ>

■本実証実験の背景

  • KDDIで現在提供する5Gは、4Gと連携してサービスを実現するノンスタンドアローン構成で「超高速」「大容量」の通信を実現しています。
  • 将来的に提供予定の5G SAでは、製造業界でのセンサー情報の収集や遠隔操作などのファクトリーオートメーション化、交通分野での自動運転や運行管理など、利用目的ごとに異なる用途やニーズに合わせた通信機能の提供ができるE2Eネットワークスライシングの導入が期待されています。
  • KDDIは、ネットワークスライシングなどの5Gの特長を最大限に引き出すため、2020年2月に実施した実証実験 (該当項目へジャンプします注6) において、5G SA構成の5Gコアネットワーク (以下 5Gコア) でのネットワークスライシングの動作検証に成功するとともに、パートナーと協力し、具体的なユースケースを想定して技術開発や検証を進めています。

■本実証実験について

  • このたびKDDIは、サムスン電子の協力のもと、O-RAN Allianceで規定されているRICを、あらかじめ定めた通信品質を提供する新たな制御機能として、実証実験用の基地局ネットワーク (以下 RAN) (該当項目へジャンプします注7) に実装しました。このRANと、5G SA対応の通信端末、5GコアおよびMEC (該当項目へジャンプします注8) を連携し、通信が混雑する状況においてもE2Eで品質保証や低遅延などのネットワークスライスを複数・同時に生成することに世界で初めて成功しました。
  • これまで、E2Eで複数の異なる通信品質を保証するネットワークスライスを提供する技術的な手法は確立していませんでしたが、本実証実験により、5G コアだけでなく、RICを実装したRANも含めたE2Eでのネットワークスライスを生成して、品質を保証する技術の開発に成功しました。
  • なお、KDDIは、O-RAN Allianceにおいてネットワークスライシング実現に向けた標準化を目指しており、本実証実験の成果をもとにO-RAN Allianceの検討促進に寄与します。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、社会とともに持続的な成長と発展する未来に向け、本実証実験を通じて得られた知見をもとに5Gに関する技術開発を推進し、これまで以上に快適かつ信頼性の高い通信サービスの提供を通じ、産業の高度化および新たな社会価値を創造していきます。

  • 注1)
    5G基地局に5G専用に開発したコアネットワーク設備を組み合わせるシステム。
  • 注2)
    コアネットワークや基地局で構成される区間を含む、端末から他方の端末までの通信。
  • 注3)
    「Open Radio Access Network Alliance」の略称であり、5Gをはじめとする次世代の無線アクセスネットワークをよりオープンでインテリジェントにすることを目的に活動している業界団体。
  • 注4)
    「RAN Intelligent Controller」の略称であり、O-RAN Allianceで規定されているRANの高度な制御を行うコントローラ。AI・機械学習と組み合わせた高度な制御により通信品質の向上の実現が期待されている。
  • 注5)
    2020年9月23日時点。サムスン電子調べ。
  • 注6)
    2020年2月20日 KDDI ニュースリリース
    新規ウィンドウが開きます5Gコアネットワークにおけるスタンドアローン構成の実装に向けた実証実験に成功
  • 注7)
    無線アクセスネットワーク。通信端末とコアネットワークとの間の通信を担うネットワーク。
  • 注8)
    「マルチアクセスエッジコンピューティング」の略称であり、通信端末に近い場所にサーバを配置することで通信の遅延時間を短縮させる技術。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。