メニューを開く
検索エリア

同性パートナーの子を、社内制度上"家族"として扱う「ファミリーシップ申請」を開始

このページを印刷する

~多様性を尊重し、LGBT当事者が生き生きと働くことができる環境を整備~

  • KDDI株式会社

2020年6月1日

KDDIは、「KDDI Sustainable Action」の「心をつなぐ~多様性の尊重~」に基づき、LGBT (該当項目へジャンプします注1) 当事者が生き生きと働くことができる環境を整備するため、会社が認めた同性パートナーとの子 (該当項目へジャンプします注2) を社内制度上「家族」として扱う「ファミリーシップ申請」(該当項目へジャンプします注3) を2020年6月1日から開始します。LGBT当事者が抱えているさまざまな困難を少しでも解消し、多様性を尊重することで生き生きと働くことができる環境を目指します。

<「ファミリーシップ申請」イメージ>

現状の日本の法律では、同性婚が認められていないため、同性パートナーの双方が親権を持つことはできないという課題があります。
このたび社員からの声に応え、法律上親権を持てない同性パートナーとの子についても、育児休職や子の看護休暇・出産祝い金などの社内制度の適用対象とします。法律上は子ではないものの、社内では家族同様に扱うとの思いを込め、名称を「ファミリーシップ」としました。

■制度改定の目的

  • LGBTへの取り組みの先進企業として、社会のダイバーシティ&インクルージョンを推進し、LGBT当事者が将来にわたって生き生きと働くことができる環境を作ります。
  • LGBTへの取り組みを通じ、多様性を尊重する企業文化を醸成し社員エンゲージメントの向上を図ります。

■対象社員

総合職、地域限定総合職、一般職、短時間制社員、地域営業社員、地域事務社員、事務契約社員、料金アドバイザー、セールスアドバイザー、嘱託社員

■適用範囲

社員に親権がない場合であっても、会社の指定する手続きを踏まえた同性パートナーとの子 (該当項目へジャンプします注2) については、社内制度上「家族」として扱い、手当・祝い金などを支給し、休暇取得などを可能とします (該当項目へジャンプします注4)。

■これまでの主な取り組み

  • 2013年から、トランスジェンダーの社員 (契約社員含む) については、本人が希望する性で会社生活ができるよう、ワーキングネームの使用、健康診断の個別実施、ユニバーサルトイレの利用を推奨しています。
  • 2014年度から毎年、社内eラーニングシステムにて、全社員を対象としたLGBTに関する理解向上のコンテンツを配信しています。
  • 2016年から、就職時のエントリーシートで性別の記載を廃止しました。
  • 2017年4月から、KDDI社内規程における配偶者の定義を改訂し、同性パートナーも配偶者に含むことで、配偶者に適用される全ての社内制度 (祝い金、休暇、各種手当) を同性パートナーに対しても適用 (該当項目へジャンプします注5) しています。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、LGBTへの理解促進および多様性を尊重する企業文化の醸成を目指し、今後もダイバーシティ&インクルージョンの推進に取り組んでいきます。

(参考)

■KDDIの取り組み

KDDIは、これからも事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み続けるという決意をこめ、2030年を見据えたKDDIのSDGs「KDDI Sustainable Action~私たちの『つなぐチカラ』は、未来のためにある~」を策定しました。社会課題をリスクとして捉えるだけでなく、KDDIならではの強みを生かしたチャンスと捉え、5GやIoTなどを活用した地方創生や、途上国における低廉で高品質な通信サービスの提供など、事業として利益をあげながら、さまざまな社会課題の解決を図ります。

<命・暮らし・心をつなぐ「KDDI Sustainable Action」>

「KDDI Sustainable Action」の詳細は、新規ウィンドウが開きますこちらをご参照ください。

■企業における「性的マイノリティに対する配慮や対応を意図した取組」に関するアンケート結果

厚生労働省の「令和元年度職場におけるダイバーシティ推進事業」では、企業アンケート調査を実施し、企業におけるダイバーシティ推進および性的指向・性自認に関する取り組み状況や検討状況に関して、実態および課題の把握を行っています。同調査より、「性的マイノリティに対する配慮や対応を意図した取組」についての結果を抜粋しています。

  • 「性的マイノリティに対する配慮や対応を意図した取組を特に実施していない企業」全体の82.0%
  • 福利厚生「慶弔休暇の同性パートナーへの適用」全体の1.6%
  • 福利厚生「家族手当の同性パートナーへの適用」全体の0.9%

KDDIの「ファミリーシップ申請」は福利厚生に該当しています。

図表III-59 (参考) 有効回答数全体における性的マイノリティに対する配慮や対応を意図した取組の実施状況: Q20から作成

出典: 新規ウィンドウが開きます「職場におけるダイバーシティ推進事業 報告書」(厚生労働省)

企業アンケート調査の上記抜粋の詳細については、pdfファイルをダウンロードしますこちら (1.1MB) の71ページをご参照ください。

  • 注1)
    Lesbian (レズビアン、女性同性愛者)、Gay (ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual (バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender (トランスジェンダー、性別越境者) の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ (性的少数者) の総称のひとつ。
  • 注2)
    実子や養子など同性パートナーの戸籍謄本に記載されている子であり、申請書・証明書類を提出し、会社が認めたもの。
  • 注3)
    法律上の子ではないが、同性パートナーとの子を、社内制度上の「子」として家族同様に扱うことを、「ファミリーシップ」と定義する。
  • 注4)
    子の看護休暇、介護休暇、弔事休暇、育児のための短時間勤務や始終業時間の繰り上げ・繰り下げ、時間外労働免除・制限、深夜勤務の免除、社宅への入居、海外勤務時の取り扱いなど。
    なお、法律上の制約があるものは、適用外とする。
  • 注5)
    2017年3月30日 ニュースリリース
    新規ウィンドウが開きますKDDI、同性パートナーに係る社内規定改定について

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。