メニューを開く
検索エリア

スマートドローン山岳救助支援システムを御殿場消防署へ導入

このページを印刷する

~通信を活用した先端テクノロジーにより、登山の安全を推進~

  • 静岡県御殿場市
  • 御殿場市・小山町広域行政組合消防本部
  • KDDI株式会社
  • 株式会社ヤマップ

2019年11月5日

御殿場市 (市長: 若林 洋平)、御殿場市・小山町広域行政組合消防本部 (消防長: 村松 秀樹)、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、は、2019年11月1日より約1カ月間、モバイル通信に対応したスマートドローン山岳救助支援システムを御殿場消防署へ導入し、遭難発生時の捜索や遭難者情報の収集に活用していきます。今後、三者は2020年以降の富士山の開山期間における本システムの本格運用に向けて取り組んでいきます。

動画が視聴できない方は新規ウィンドウが開きますこちら

<山岳救助用ドローンPD-4XM (プロドローン社製)>

登山中の遭難者救助においては、遭難位置や現場状況の把握が困難なことによる救助時間の長期化や天候不良による救助不可などの課題が生じています。そこで、KDDIと御殿場市は、2018年11月に包括連携協定を締結し、2018年11月スマートドローン山岳救助支援システムの実証を実施してきました (該当項目へジャンプします1)。これらの取組みを踏まえ、御殿場消防署へ山岳救助支援用スマートドローンを配備し、消防署員による捜索支援や遭難状況の把握にドローンを活用していきます。

また、株式会社ヤマップ (本社: 福岡県福岡市、代表取締役CEO: 春山 慶彦、以下 ヤマップ) は、LPWA対応の「KDDI IoTクラウド~Pocket GPS~」を登山者へ2019年11月中旬よりトライアル提供します。位置情報を常に家族と共有、緊急時に知らせることで、登山の安全を推進していきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、ドローンやIoT技術を活用した自治体との取り組みを実施することで、新しい体験価値を創造していきます。


<別紙>

■山岳救助用スマートドローンの御殿場消防署への配備・運用

1. 概要

御殿場消防署に山岳救助支援用スマートドローンを配備し、遭難発生時にドローンを持ち出動。捜索エリアでの巡回飛行による捜索支援や、遠隔地への飛行による遭難状況の把握にドローンを活用する。

<ドローン山岳救助概要>

2. 期間

2019年11月1日から11月25日 (該当項目へジャンプします注2)

3. 場所

御殿場口新五合目から獅子岩エリア (該当項目へジャンプします注3)

<ドローン山岳救助実施エリア>

■LPWA対応「KDDI IoTクラウド~Pocket GPS~」の登山者へのトライアル提供

1. 概要

ヤマップは、国内最大級の登山サービス「YAMAP」の会員に対し、LPWA対応の「KDDI IoTクラウド~Pocket GPS~」を10名さまに、無償にてトライアル提供します。Pocket GPSサービスは、登山中の位置情報の記録や、SOS信号の送信が可能なため、Pocket GPSアプリにて、家族や友人と位置情報を共有するとともに、緊急時のSOS通知受信などができます。
本取り組みにて、LPWAが新たな通信手段として登山の安全対策に寄与できるかどうかを検証します。

<Pocket GPS端末>
<Pocket GPSアプリ機能>

2. 応募期間

2019年11月15日から2019年11月22日

3. 応募方法

新規ウィンドウが開きますYAMAPサイトにて申し込み。
当選者のみにご連絡します。

4. 貸し出し期間

2019年11月中旬から2020年5月31日 (予定)

5. 利用検証場所

日本百名山を中心とする国内の主要な山岳地帯 (該当項目へジャンプします注4)

<新規ウィンドウが開きます富士山で4G LTEが利用可能な場所>

<新規ウィンドウが開きますその他携帯電話がご利用いただける百名山の登山道>

6. YAMAPについて

株式会社ヤマップが提供するアプリ「新規ウィンドウが開きますYAMAP」は、登山やアウトドアに関心のあるユーザーに向けた、ダウンロード数140万を超える人気アプリです。電波の届きにくい山中でも自分の現在地とルートが確認できるので、遭難防止に役立ちます。また、歩いたルートの軌跡を記録し、撮影した写真やコメントと共に「活動日記」として投稿することで、ユーザー同士で情報の閲覧や、交流することが可能です。WEBでも同様の登山情報サービスを提供しています。
またBluetoothによる「すれ違い通信」により、電波の届かない山中のユーザー位置情報を別のユーザーのスマートフォン経由で取得し、登山の安全網の構築に寄与する「YAMAPみまもりサービス」も展開しています (該当項目へジャンプします注5)。

<参考>

TIME&SPACE
新規ウィンドウが開きます富士山で遭難した登山者をドローンで捜索! 消防署の導入訓練に密着


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。