メニューを開く
検索エリア

金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス」を設立

このページを印刷する

~決済、金融グループ各社をauブランドに統合し、「スマートマネー構想」を始動~

  • KDDI株式会社

2019年2月12日

KDDIは、決済・金融事業の強化を目的に、中間金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス株式会社」(以下 auフィナンシャルホールディングス) を設立 (該当項目へジャンプします注1) し、お客さまにスマホ・セントリックな決済、金融体験を総合的に提供する「スマートマネー構想」を始動します。

KDDIは、2019年4月1日付 (予定) で、KDDIの子会社となる株式会社じぶん銀行 (以下 じぶん銀行)、ならびに、KDDIの子会社であるKDDIフィナンシャルサービス株式会社 (以下 KDDIフィナンシャルサービス)、株式会社ウェブマネー (以下 ウェブマネー)、KDDIアセットマネジメント株式会社 (以下 KDDIアセットマネジメント) およびKDDI Reinsurance Corporation (以下 KDDI Reinsurance) の5社を、「auフィナンシャルホールディングス」の傘下に移管 (該当項目へジャンプします注2) します。

また、「auフィナンシャルホールディングス」傘下の5社、KDDIグループのau損害保険株式会社 (以下 au損保) およびカブドットコム証券株式会社 (以下 カブドットコム証券) の社名を、2019年度中にauブランドを冠した名称に統一する予定です (該当項目へジャンプします注3)。

動画が視聴できない方はこちらへ
(参考動画) 新規ウィンドウが開きますKDDI、スマートマネー構想始動!

KDDIグループは、通信サービスを中心に、コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育などのライフデザインサービスを提供し、「通信とライフデザインの融合」による、新たなお客さまの体験価値の創出を目指しています。
金融サービスにおいては、2008年にじぶん銀行を設立し、モバイルに特化したインターネットバンキングをいち早く開始しました。また、2014年にはau IDを軸にネットとリアルを融合する「au WALLET構想」を始動し、リアル店舗でのお買い物に利用可能な「au WALLET」に加え、総合ショッピングモール「Wowma!」や「auでんき」などライフデザインサービスを拡充してきました。
「au WALLET」は2,000万超のお客さまにお申込みいただき、au WALLET残高およびWALLET ポイント残高は1,000億円以上 (該当項目へジャンプします注5)、au経済圏流通総額は2.5兆円 (該当項目へジャンプします注6) まで拡大しています。

このたび、KDDI (au) は、お客さまの生活の中心となったスマートフォンを預金、決済、投資、ローン、保険といったあらゆるサービスの入り口とし、お客さまにスマホ・セントリックな決済、金融体験を総合的に提供する「スマートマネー構想」を始動します。

今後「au WALLET」を軸に、貯める、支払う、殖やす、借りる、備える、といったお客さまのお金にかかわる活動をワンストップで提供し、サポートしていくとともに、お客さまひとりひとりのライフプランに寄り添ったサービスを拡充していく予定です。

スマートマネー構想

なお、KDDIは、2019年夏以降、au ID、WALLET ポイント、au WALLET アプリ、au PAYのサービスにおいて、au携帯電話を保有されていないお客さまにもご利用いただけるよう対象を順次拡大していきます。

あわせて、「KDDI Open Innovation Fund 3号」(以下 KOIF3号) において設定している「投資プログラム」に、「FinTech Fund Program」が新たに追加されましたことをお知らせします。KOIF3号は、今後の変化を見据え、革新的な技術・ビジネスを有するベンチャー企業に対して5年間で約200億円の出資を目的とし、グローバル・ブレイン株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本 安彦) と共同で設立されたものです。本投資プログラムを通じ、KDDIとauフィナンシャルグループ (該当項目へジャンプします注7) は、積極的にFinTechベンチャー企業との事業共創を目指して取り組んでいきます。

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、 "お客さまに一番身近に感じてもらえる会社"として、お客さまやパートナー企業さまとともに、新しい体験価値を創造していきます。

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

■「auフィナンシャルホールディングス」について

1. 目的

KDDIは、2008年にじぶん銀行 (銀行業) を設立し、その後、2011年にウェブマネー (電子マネー発行業) を公開買付けにより完全子会社化しました。さらに、2014年にKDDIフィナンシャルサービス (包括信用購入あっせん業)、2016年にKDDI Reinsurance (再保険業)、2018年にKDDIアセットマネジメント (投資運用業) を設立するなど、金融サービスを拡充しています。

このたび、KDDIは、じぶん銀行、ウェブマネー、KDDIフィナンシャルサービス、KDDIアセットマネジメントおよびKDDI Reinsuranceを、当社連結子会社である「auフィナンシャルホールディングス」(該当項目へジャンプします注1) の傘下に移管 (該当項目へジャンプします注2) します。KDDIから分離・独立事業化することで、意思決定を迅速化し、ガバナンスを強化することによりシナジー最大化と商品力の向上を目指します。

2. 会社概要

  • (1) 商号
    LDF設立準備株式会社
    (2019年4月1日付で「auフィナンシャルホールディングス株式会社」に商号変更予定)
    (2) 主な事業内容
    金融事業会社の経営管理
    (3) 設立年月日
    2019年1月30日
    (4) 本店所在地
    東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
    (5) 大株主および持株比率
    KDDI株式会社 (100.0%)
    (6) 発行済株式総数
    4,000株
    (7) 資本金
    100百万円

■auブランド社名変更各社について

「auフィナンシャルホールディングス」傘下の5社、ならびにカブドットコム証券は、2019年度中にauブランドを冠した社名となる予定です (該当項目へジャンプします注3)。

新社名
1 auじぶん銀行株式会社
2 auフィナンシャルサービス株式会社
3 au PAY株式会社
4 auアセットマネジメント株式会社
5 au Reinsurance Corporation
6 auカブコム証券株式会社

現社名
株式会社じぶん銀行
KDDIフィナンシャルサービス株式会社
株式会社ウェブマネー
KDDIアセットマネジメント株式会社
KDDI Reinsurance Corporation
カブドットコム証券株式会社

■「au WALLET アプリ」について

2019年4月より「au WALLET アプリ」を段階的に刷新し、新たなスマホ決済サービス「au PAY」をご利用いただけるようにするほか、お客さまの家計診断やライフプラン診断などの機能を段階的に拡充していく予定です。これにより、「au WALLET」を軸に、貯める、支払う、殖やす、借りる、備える、といったお客さまのお金にかかわる決済、金融体験を、スマートフォンを通じてワンストップで提供するとともに、お客さまひとりひとりのライフプランに寄り添ったサービスを拡充していきます。

家計診断、TOP画面、ライフプラン診断

  • 上記画面はイメージです。

■FinTech Fund Programについて

(参考)「auフィナンシャルホールディングス」傘下各社の概要

1. じぶん銀行

会社名 株式会社じぶん銀行
主な事業内容 インターネット専業銀行
設立年月日 2008年6月17日
本店所在地 東京都中央区日本橋一丁目19番1号 日本橋ダイヤビルディング14階
代表者 代表取締役社長 柏木 英一
代表取締役副社長 田中 正信
大株主および
持株比率
KDDI株式会社 50.0%
株式会社三菱UFJ銀行 50.0%
発行済株式総数 1,600,000株
資本金 500億円
会社概要 じぶん銀行は、2008年にKDDIおよび三菱UFJ銀行の共同出資により設立された、モバイルに特化したネット専業銀行です。スマートフォンの特性を最大限活用し、「お客さまひとりひとりの銀行」として、利便性と安全性を両立させた質の高い金融サービスを提供することで、お客さまにとって満足度No.1の金融機関となることを目指しています。
じぶん銀行はKDDIと協働して、「au住宅ローン」、「じぶん銀行カードローンau限定割」など、auのお客さまを対象とした特典サービスを展開しており、2018年4月にはKDDIの「au WALLET プリペイドカード」にじぶん銀行の「リアルタイムチャージ」機能を追加するなど、KDDIとの連携をさらに強化しています。
また、2017年には「最優秀ネット銀行賞」を受賞 (該当項目へジャンプします注8) したほか、取引の約9割をスマートフォンでご利用いただくなど、スマートフォンを軸に、お客さまの生活をもっと豊かで便利にするサービスを提供しています。

2. KDDIフィナンシャルサービス

会社名 KDDIフィナンシャルサービス株式会社
主な事業内容 貸金業
包括信用購入あっせん業
損害保険代理業
銀行代理業
設立年月日 2014年2月14日
本店所在地 東京都港区西新橋二丁目3番1号 マークライト虎ノ門13階
代表者 代表取締役社長 石月 貴史
大株主および
持株比率
KDDI株式会社 90.0%
株式会社じぶん銀行 5.0%
三菱UFJニコス株式会社 5.0%
発行済株式総数 200,000株
資本金 約52億円
会社概要 KDDIフィナンシャルサービスは、お客さまニーズに対応した先進性・利便性・安全性の高い金融・決済サービスを提供することを目的に2014年2月に設立され、「au WALLET クレジットカード」の発行をはじめとした各種事業を展開してきました。
2018年10月には「au WALLET クレジットカード」の有効会員数が400万会員を突破するなど、順調に事業を拡大しており、今後も高度な「信用供与」を軸に、個々のお客さまに寄り添った新たな金融・決済サービスの展開を実現していきます。

3. ウェブマネー

会社名 株式会社ウェブマネー
主な事業内容 電子マネー発行業、資金移動業、第三者型前払式支払手段発行業
設立年月日 1988年3月24日
本店所在地 東京都港区西新橋二丁目3番1号 マークライト虎ノ門12階
代表者 代表取締役社長 森田 康裕
大株主および
持株比率
KDDI株式会社 100%
発行済株式総数 30株
資本金 約5億円
会社概要 ウェブマネーは、20年にわたり、サーバ管理型電子マネー「WebMoney」の発行・販売を中心にオンライン領域における決済事業を展開し、業界を牽引してきました。
2011年にKDDIグループへ参画以降は、2014年に日本初のインターネットでも実店舗でも利用可能なプリペイドカードである「MasterCard (R) プリペイド付きWebMoney Card」および「au WALLET プリペイドカード」(KDDIと協働) の発行を開始するなど、リアル決済領域にも事業を拡大してきました。
今後もキャッシュレス社会の実現に向け、お客さまがより一層、簡単・安心・便利に決済をご利用いただけるようなサービスを開発・提供していきます。

4. KDDIアセットマネジメント

会社名 KDDIアセットマネジメント株式会社
主な事業内容 金融事業
投資運用業
確定拠出年金運営管理業
設立年月日 2018年1月4日
本店所在地 東京都千代田区西神田三丁目2番1号 千代田ファーストビル南館
代表者 代表取締役社長 藤田 隆
大株主および
持株比率
KDDI株式会社 66.6%
株式会社大和証券グループ本社 33.4%
発行済株式総数 80,000株
資本金 10億円
会社概要 KDDIアセットマネジメントは、「ニホンのお金を、働き者に。」を基本コンセプトに、デジタルネイティブ世代の若年層を中心とするお客さまの資産形成をサポートする合弁会社として、KDDIと大和証券グループ本社の資本業務提携により、2018年1月4日に設立されました。
お客さまの資産形成をサポートするサービスとして、2018年9月より「auスマート」シリーズとして世界の株式/債券に分散投資する投資信託4本を提供開始、2018年10月よりスマホでワンストップに年金管理ができるスマホ年金である「auのiDeCo」を提供開始しています。
今後も資産形成をサポートするサービスを充実し、お客さまのより豊かな生活の実現を目指します。

5. KDDI Reinsurance

会社名 KDDI Reinsurance Corporation
主な事業内容 再保険業
設立年月日 2016年11月16日
本店所在地 ミクロネシア連邦ポンペイ州
代表者 President 勝木 朋彦
大株主および
持株比率
KDDI株式会社 100%
発行済株式総数 1,500,000株
資本金 15億円
会社概要 KDDI Reinsuranceは、KDDIやMVNO (仮想移動体通信事業者) の携帯端末の補償事業や、収支が安定しているKDDIグループの元受契約を再保険で引き受けています。KDDIグループの保険コストの適正化、auのお客さま向けの元受保険商品の開発協力などの役割を担っており、KDDIが進める非通信事業の強化でも重要な役割を担っています。

【ご参考: 本件に関連する本日付公表のその他のリリース】

pdfファイルをダウンロードします「連結子会社との会社分割 (簡易吸収分割) 及び孫会社の異動に関するお知らせ」(272KB)

pdfファイルをダウンロードします「株式会社じぶん銀行の第三者割当増資引受け (子会社化) に関するお知らせ」(205KB)

pdfファイルをダウンロードします「カブドットコム証券株式会社 (証券コード8703) の株券等に対する公開買付けの開始予定に関するお知らせ」(669KB)

新規ウィンドウが開きます「カブドットコム証券・じぶん銀行の資本異動について」

  • 注1)
    金融持株会社の設立は関係当局の認可取得を前提としています。社名は、2019年4月1日付で「LDF設立準備株式会社」から商号変更予定です。
  • 注2)
    じぶん銀行のKDDIに対する第三者割当増資の効力発生、その他関係当局からの許認可の取得などを条件とします。
  • 注3)
    じぶん銀行の社名変更は関係当局の認可取得を前提としています。また、KDDIアセットマネジメント株式会社については、同社株主である株式会社大和証券グループ本社から同意を取得することを、au損保については、同社株主であるあいおいニッセイ同和損害保険株式会社から同意を取得することを、カブドットコム証券については、本日付で公表しています同社に対する公開買付けの決済及び非公開化の完了を、社名変更の条件とします。
  • 注4)
    ロゴについては協議中で決定したものではありません。
  • 注5)
    2019年1月31日時点。1ポイント1円として換算。
  • 注6)
    19.3期通期見通し。
  • 注7)
    「auフィナンシャルグループ」とは、auフィナンシャルホールディングス、じぶん銀行、KDDIフィナンシャルサービス、ウェブマネー、KDDIアセットマネジメント、KDDI Reinsuranceの6社をまとめた総称です。
  • 注8)
    アジア地域の銀行専門誌「The Asian Banker」より2017年受賞

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。