メニューを開く
検索エリア

高尾山環境保全活動の間伐材で製作したおままごとセットと丸椅子を成城つくしんぼ保育園へ贈呈

このページを印刷する

2019年12月7日

KDDI株式会社

12月7日 土曜日、KDDIは、東京都世田谷区にある「成城つくしんぼ保育園」に高尾山環境保全活動の間伐材で製作した「おままごとセット」と「丸椅子」を贈呈しました。

KDDIは、高尾山環境保全活動を産学連携の取り組みとして、自然保護団体 高尾グリーン倶楽部、都立工芸高校と3者で取り組んでいます。
新規ウィンドウが開きますhttps://news.kddi.com/kddi/corporate/csr-topic/2019/11/15/4135.html

今回は、その活動で間伐した木材の有効活用を目的に、都立工芸高校の生徒たちが製作した「おままごとセット」と「丸椅子」を「成城つくしんぼ保育園」へ寄贈しました。

子どもたちは、早速都立工芸高校の生徒たちとおままごとセットで遊び、笑顔あふれる贈呈式となりました。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として「KDDIが目指すSDGs」に取り組み、グループ全体で持続的に成長していきます。

[1] 贈呈式の様子

[2] おままごとセットで遊ぶ子どもたち

[3] 寄贈したおままごとセットと丸椅子


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。