メニューを開く
検索エリア

平成28年熊本地震支援サイト「いまできること」でのKDDI社員ボランティアの紹介について

このページを印刷する

2016年6月30日

KDDI株式会社

KDDIが実施した熊本地震における社員ボランティアが、平成28年熊本地震の支援サイト「いまできること」で紹介されました。

「いまできること」サイトは、公益財団法人日本財団および公益社団法人助けあいジャパンが開設したもので、被災された方が平穏な生活を取り戻すことを目的に、被災地の最新情報を掲載しています。
KDDIは、日本財団が熊本地震における被災地支援として実施した、被災地ニーズと企業ボランティアのマッチングを利用して、6月18日土曜日に熊本県益城町で社員ボランティアを実施しており、その活動が紹介されました。

今回、KDDIが活動を行った熊本県益城町は、被害が最も大きかった地域の一つで、まだまだ支援が必要とされています。
KDDIは、7月にも熊本県益城町での社員ボランティア活動を予定しており、今後も、被災地の一日も早い復興に向けた取り組みを積極的に取り組んでいきます。

また、KDDIは、被災地でのボランティア活動の他、飲料水やブルーシートなどの支援物資の提供や、募金サイトを通じてお客さまからお預かりした金額に、KDDI株式会社およびKDDIグループ社員からの寄付金を合せた、合計60,042,200円を寄付致しました。


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。