メニューを開く
検索エリア

熊本地震における社員ボランティアを実施

このページを印刷する

2016年6月29日

KDDI株式会社

6月18日土曜日、KDDIは、熊本地震への被災地支援として、熊本県益城町で社員ボランティアを実施しました。
本活動は、5月の活動に続き、今回で2回目となります。

当日は、KDDIおよびKDDIグループ社員23名が、倒壊した家屋に残された農機具や家財道具などの雨除けのため、ブルーシートを張る作業や、瓦礫の撤去作業などを行いました。

活動を行った益城町は、最も大きな被害を受けた地域の1つで、震災から2か月が経過した今でも、倒壊した家屋や瓦が落ちた屋根にブルーシートが張られた家が散見されました。参加した社員からは、「被害の大きさと復興の困難さを改めて感じた」「今後も出来る支援をしていきたい」との声がありました。

KDDIは、熊本被災地への復興に向けた取り組みを、今後も継続的に実施してまいります。


・参加したKDDIとKDDIグループ社員


・ブルーシートを張る作業の様子


・瓦礫の撤去作業の様子


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。