メニューを開く
検索エリア

富士山登山口の混雑、温湿度を見える化! IoTを活用した期間限定サービスの提供を開始!

このページを印刷する

~VR、翻訳サービスも活用し、富士山をより安心安全、快適に楽しむための取り組み~

  • 静岡県御殿場市
  • 静岡県小山町
  • KDDI株式会社
  • 株式会社KDDI総合研究所

2018年7月10日

静岡県御殿場市 (市長: 若林 洋平、以下 御殿場市)、静岡県小山町 (町長: 込山 正秀、以下 小山町)、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社KDDI総合研究所 (本社: 埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長: 中島 康之) は、2018年7月10日から9月10日までの富士山の開山期間、安心安全で快適な登山のサポートなどを目的に、IoTを活用して富士山登山口の登下山者数ならびに温湿度を「見える化」する期間限定のサービス「ミエル フジトザン」(以下 本サービス) を提供します。

本サービスは、静岡県の富士山登山口である御殿場口登下山道、須走口登山道ならびに宝永山馬の背 (該当項目へジャンプします注1) に設置したIoTセンサーを活用して、その地点における通過人数のほか、温湿度をウェブ上で確認することができます。これにより、登山者は本サービスを活用することで、事前にその地点の混み具合や気温などを把握できるため、スケジュール管理や服装の準備など適切な登山計画に役立てることができます。

本サービスに用いるIoTセンサーは、KDDIの4G LTEネットワークを利用するLPWA (Low Power Wide Area) 技術を用いた通信規格「LTE-M」に対応しているため、ゲートウェイ (親機) の設置が不要なほか、低消費電力かつ広範囲の通信を安定して利用することが可能です。

なお、御殿場市と小山町は、本サービスで得られたデータを、今後の富士山登山口などにおける整備計画やツアー造成などに活用し、富士山における更なる利便性の向上を目指します。

また、「Mt. FUJI TRAIL STATION」(静岡県御殿場市富士山御殿場口新五合目) において、天候に関わらず晴れた日の美しい富士山を楽しめる望遠鏡型のVR「VR View Scope」(該当項目へジャンプします注2) を設置します。さらに、訪日外国人の利便性向上を目的に、「KDDI AI翻訳」(該当項目へジャンプします注3) と「KDDI TV通訳」(該当項目へジャンプします注3)、ならびにNICTの技術を活用した「音声翻訳」(該当項目へジャンプします注4) を搭載したタブレットの配備とFree Wi-Fiを整備し、訪れる人それぞれの目的に合わせ、より安心して富士山を楽しんで頂けるようなコミュニティースペースを提供します。

御殿場市と小山町は、これからも富士山における安心で快適な登山をサポートしていきます。
KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、社会課題の解決に貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

新規ウィンドウが開きますミエル フジトザンホームページ

詳細は別紙をご参照ください。


<別紙>

1. 富士山登山口の「見える化」サービスの提供

  • (1)

    概要

    各富士山登山口に設置したIoTセンサーを活用して、その地点における通過人数のほか、温湿度をウェブ上で確認することができます。
    これにより、事前にその地点の混み具合や気温などを把握してスケジュール管理や服装の準備など適切な登山計画に役立てることができます。

  • (2)

    設置場所

    「御殿場口登山道」「御殿場口下山道」「須走口登山道」「宝永山馬の背 御殿場ルート方面」「宝永山馬の背 富士宮ルート方面」

  • (3)

    取得情報

    通過人数、温度、湿度

  • (4)

    「見える化」サービスページ

    新規ウィンドウが開きます「ミエル フジトザン」ホームページ

    • 「Mt. FUJI TRAIL STATION」ホームページや御殿場市、小山町のホームページからも確認できます。

2.「VR View Scope」の提供

  • (1)

    概要

    「VR View Scope」は、覗くだけで簡単にVR映像を視聴できる望遠鏡型システムです。
    天候により富士山の美しい景色が見られない場合でも、VR上で晴れの日の様子を6K (コンテンツの解像度) の高品質な360°立体視映像でお楽しみいただけます (該当項目へジャンプします注5)。

    <「VR View Scope」>

    <Mt. FUJI 360/富士山麓○>

  • (2)

    提供場所

    「Mt. FUJI TRAIL STATION」

3. 訪日外国人の利便性向上に向けた取り組み

  • (1)

    概要

    御殿場市内や一部の山小屋など合計9カ所に翻訳サービスを搭載したタブレットを配備し、訪日外国人との快適なコミュニケーションをサポートします。KDDIが提供する「KDDI AI翻訳」と「KDDI TV通訳」、ならびにNICTの技術を活用した「音声翻訳」を搭載し、音声または文字で入力した文章をリアルタイムに翻訳し音声と文字で伝えます。また、各配備箇所でFree Wi-Fiもあわせて提供します。

    タブレットを使って簡単翻訳

    <KDDI AI翻訳・音声翻訳 イメージ>

  • (2)

    提供場所

    「Mt. FUJI TRAIL STATION」「富士急小屋ハーフマウンテン」「大石茶屋」「わらじ館」「砂走館」「赤岩八号館」「御殿場市観光協会案内所」「御殿場コミュニケーションコーナー (御殿場プレミアム・アウトレット内)」「富士山交流センター富士山樹空の森」

4. 提供期間

2018年7月10日から2018年9月10日

<参考>

KDDIは、2018年7月9日より、富士山頂において4G LTEのエリア化を実施し、富士山での快適な通信環境整備に取り組んでいます (該当項目へジャンプします注6)。なお、登山口および登山道は、一年を通じて4G LTE通信をご利用いただくことができます。

  • 注1)
    御殿場ルート6合目と宝永山山頂の間に位置する分岐点。
  • 注2)
    KDDIが事業化を進める望遠鏡型のVR装置。「Mt. FUJI TRAIL STATION」では株式会社HOME360の映像制作協力による美しい富士山の景色が体験可能。
    新規ウィンドウが開きますhttps://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/05/30/3173.html (2018年5月30日)
  • 注3)
    「KDDI AI翻訳」は、AIを活用し、日本語と英語、中国語、韓国語を相互に翻訳できるサービスです。「KDDI TV通訳」は、多言語対応できるオペレーターがタブレットの画面越しに同時通訳できるサービスです。
    新規ウィンドウが開きますhttps://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/02/14/2318.html (2017年2月14日)
  • 注4)
    NICT (国立研究開発法人情報通信研究機構) の翻訳技術を活用し、KDDI総合研究所が技術支援を行いKDDIが構築した翻訳ツール。
  • 注5)
    利用料として300円 (視聴時間約2分) がかかります。お客さまから頂いた利用料金の一部は、御殿場市 富士山基金にて活用されます。
  • 注6)
    7月9日より富士山頂の一部においてエリア化を実施し、7月14日までに富士山頂のエリア化を完了する予定です。
    新規ウィンドウが開きます今年の夏も富士山でFree Wi-Fiと4G LTEの提供を開始! (2018年6月25日)

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。