メニューを開く
検索エリア

「KDDI IoTクラウド API Market」の提供を開始

このページを印刷する

~気象情報などのラインアップから、複数のデータを組み合わせた新たなIoTサービスの創出を促進~

  • KDDI株式会社

2018年1月29日

KDDIは、2018年1月30日より、多様なAPI (該当項目へジャンプします注1) を活用することで、新たなIoTサービスの創出を促進する「KDDI IoTクラウド API Market」の提供を開始します。
「KDDI IoTクラウド API Market」は、天気、地図、音声合成、画像認識など、新しいサービスを開発する上で役に立つAPIをラインアップしており、API利用者は自社の保有するデータと連携したサービス開発が行えます。

総務省がまとめた「平成29年版 情報通信白書」にもあるとおり、近年、ビッグデータという言葉に代表される電子的に処理可能なデータの飛躍的増大や、人工知能などの技術革新が進んでおり、ビッグデータの利活用は経済成長やイノベーションの促進に資すると期待されています (該当項目へジャンプします注2)。

「KDDI IoTクラウド API Market」は、自社のデータやサービスをAPIを通して提供する企業 (以下 APIプロバイダー) と、さまざまなAPIを利用して新しいサービスを開発したい企業 (以下 API利用者) をつなげるAPIマーケットプレイスです。
これまで新しいサービスを開発する際は自社開発、もしくは個別に外部のAPIを探して契約する必要がありましたが、「KDDI IoTクラウド API Market」を利用することにより、多様なAPIラインアップの中から選択してサービス開発が可能となります。

例えば、ウェアラブルデバイスを開発する企業が自社の製品を活用した新しいサービスを開発したい時に、自社のスマートウォッチから収集した活動量のデータと、「KDDI IoTクラウド API Market」にある食事画像認識APIを利用することにより収集した摂取エネルギー・栄養素の記録データを組み合わせ、その日の活動量に応じたカロリーの食事メニューを提案するサービスを開発することができます。
また、「KDDI IoTクラウド API Market」にのみ公開されるAPIも提供します。

さらに、KDDIは、「KDDI IoTクラウド API Market」におけるAPIプロバイダーと、APIを活用した新しいサービス開発に積極的に取り組んでいきます。
2018年3月より、株式会社ウェザーニューズ (本社: 千葉県千葉市、代表取締役社長: 草開 千仁) と共同で、気象予測と作業現場の気象情報を組み合わせた安全管理ソリューションの実証実験を開始します。
新規ウィンドウが開きます気象予測と作業現場の気象情報を組み合わせた安全管理ソリューションの実証実験を開始

KDDIは、センサー、デバイスをはじめ、IoTの通信ネットワークからデータ活用までトータルソリューションを提供し、さまざまなパートナー企業とともに、これまでにない新たな価値が創造される社会を目指していきます。

「KDDI IoTクラウド API Market」の詳細は、別紙1をご参照ください。
「KDDI IoTクラウド API Market」において提供予定のAPIは別紙2をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますKDDI IoTクラウド API Market


<別紙1>

1. サービスの特長

  • (1)
    60以上のサービスやデータ、デバイスと連携が可能

    天気、地図、音声合成、画像認識など新しいサービスを開発する上で役に立つ60以上 (該当項目へジャンプします注3) の多様なAPI商品をラインアップしています。さまざまなサービスやデータ、デバイスを連携させることで、新しいサービスを開発することが可能です。

  • (2)
    料金システムの提供

    APIプロバイダーおよびAPI利用者は本サービスを利用することにより、相互に請求・支払を一元的に行うことができます。

2. サービスの利用者

  • 自社のサービスやデータ、デバイスをより多くの企業に利用してもらうために、APIを提供する企業 (APIプロバイダー)
  • さまざまなAPIを利用して新しいサービスを開発したい企業 (API利用者)

3. 提供開始日

2018年1月30日

4. 提供料金

■APIプロバイダー向け

  • 年間登録料: 25,000円/年 (API商品単位)
  • APIマーケット手数料: API売上高に応じた手数料率を設定
    • サービス開始キャンペーンとして2018年7月末までにご登録いただく「年間登録料」および2018年7月末ご利用分までの「APIマーケット手数料」は無料とする予定です。適用単位、条件等は別途、提示する料金表によります。

■API利用者向け

  • API利用料: APIプロバイダーが設定した各種料金
    • KDDI IoTクラウド API Market利用に関する登録料は不要

<別紙2>

提供予定API一覧 (2018年1月29日現在) (提供会社ごとに50音順)

分類API提供会社API商品名称
ヘルスケア アップ・スウェル株式会社
ウエルネスデータ株式会社
からだバランスAPI、からだ目標設定API、ライフログデータAPI
WINフロンティア株式会社 COCOLOLO API
Kinpo Electronics, Inc. XYZlife心電データから消費カロリーを算出するAPI、XYZlife睡眠の質評価API、XYZlife不整脈分析API
Kenpal株式会社 ドライブスコア
株式会社C2 Smart Sleep Analytics API
SELVAS AI Inc. 疾病予測サービスAPI
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 カロリーチェックAPI
株式会社日本医療データセンター 健康年齢改善アドバイスAPI、健康年齢算出API、健診結果レベル判定API、同世代健康年齢分布取得API、同世代健診値比較API、バリデーションチェックAPI
株式会社メディエイド パレットコネクト食事グラフ向けデータ取得API、パレットコネクト食事データ取得API、パレットコネクトライフパレット会員認証API
株式会社ライフミール 食コラムのコンテンツ、食品成分データAPI
ライフログテクノロジー株式会社 食事写真識別API
地図情報 応用リソースマネージメント株式会社 @Balloon API
株式会社ゴーガ kosoku API
株式会社ハートレイルズ 郵便番号/住所/緯度経度データ変換サービス、路線/駅名/最寄駅データサービス
株式会社ヴァル研究所 駅すぱあとWebサービス
位置情報 株式会社unerry ビーコン検索APII
ecbo株式会社 ecbo cloak
株式会社N.ジェン infoGroveAPI
株式会社サイバード Exif情報取得API
株式会社トラッキモGPS トラッキモGPS・グローバルAPIサービス
天気情報 アップフロンティア株式会社
一般財団法人 日本気象協会
天気予報API
株式会社ウェザーニューズ 各種生活指数、実況天気や過去の観測値データ、太陽放射量情報、ピンポイント天気予報
日本気象株式会社 雨の接近情報API、気象観測データ (10分更新) API、天気予報 (今日明日・週間) API、天気予報 (1時間毎) API、熱中症指数 (実況) API、熱中症指数 (予報) API、肌荒れ予報API、降水レーダー (数値情報) API
デバイス 株式会社YEAAH 行動特性データ提供API
Qrio株式会社 Qrio Smart Lock API
株式会社ジンズ JINS MEME API
セーフィー株式会社 Safie web API
株式会社ハタプロ ZUKKU
ピクスー株式会社 ウェビオAPI
株式会社フォトシンス Akerun API
株式会社メガハウス BotsNewVR-SDKを活用したAPI
株式会社Y4.com GoBe2/カロリー摂取量・消費量自動計測API
音声合成 株式会社エーアイ AITalk (R) WebAPI
Jetrunテクノロジ株式会社 TrueText
HOYAサービス株式会社 VoiceText Web API
画像認識 株式会社アジラ AIRプラットフォーム
NSENSE株式会社 ARme API
凸版印刷株式会社 ID-Watchy
株式会社フューチャースタンダード SCORER Cloud Processing
リコノミカル株式会社 拡張現実 (AR) かんたん利用API
エンタメ 株式会社つみき Filmarks 映画スコア&レビュー取得API
株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ スマッチ (Smart Touch System)
ツール 株式会社モリサワ TypeSquare IoT API、LayoutSquare IoT API
  • 上記は2018年1月29日時点の情報となり、変更となる場合がございます。
  • 社名およびAPI商品名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。