メニューを開く
検索エリア

IoT通信向け、セルラーLPWA対応の超小型LTE-M通信モジュールが登場

このページを印刷する

~低消費電力・カバレッジ拡張機能に対応、IoTの可能性を大幅に広げる通信モジュール~

  • KDDI株式会社

2017年11月16日

KDDIは、2018年1月より、法人のお客さま向けに、3GPP標準規格のLTE-M (Cat.M1) に対応した、IoT利用に最適な超小型のLTE-M通信モジュール「KYW01」の提供を開始します。

KYW01 写真は開発中のイメージです。

「KYW01」は、LTE-Mの特長である低消費電力技術eDRX (extended Discontinuous Reception) とPSM (Power Saving Mode)、カバレッジ拡張技術 (Coverage Enhancement) に対応しています。これによって、単三電池2本分の電源で10年以上の駆動 (注1) と、LTEの通信エリアに加えて山間部や建物の奥などのエリアでも通信が可能になります。
さらに、通信モジュールの簡素化と独自のセラミック基板技術により、国内通信事業者が現在提供するLTEまたはLTE-M通信モジュールにおいて国内最小となる1円玉大サイズの超小型化を実現しました (注2)

「KYW01」は、これまで通信モジュールを取り付けることは難しかった様々なモノをインターネットにつなげる可能性を広げ、多種多様な分野でのIoT活用をサポートします。

KDDIは、今後も、IoTを活用するお客さまのビジネスパートナーとして、IoT通信からデータ活用サービスまでのトータルソリューションを提供し、お客さまの本業に貢献していきます。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:IoT通信向け、セルラーLPWA対応の超小型LTE-M通信モジュールが登場


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。