メニューを開く
検索エリア

AWS利用に最適な「cloudpack with KDDI」を提供開始

このページを印刷する

~AWSの導入から構築・保守までをワンストップでサポート~

2017年10月2日

KDDIは、2017年10月2日より、法人のお客さま向けに、アマゾン ウェブ サービス (AWS) を割引価格で利用でき、さらに運用保守サービスやセキュアなシングルサインオンサービスも利用可能な「cloudpack with KDDI」の提供を開始します。

「cloudpack with KDDI」は、アイレット株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 齋藤 将平、以下アイレット) が提供するサービス「cloudpack」のうち、AWS利用料金が3%割引になる独自のサービスと24時間365日の運用保守サービスに加えて、KDDIが提供するセキュアなシングルサインオンサービス「KDDI Business ID」などをセットにしたサービスです。
アイレットは、KDDIのグループ会社で、AWS最上位パートナーであるAPNプレミアコンサルティングパートナー (注1) に5年連続で認定されています。また、KDDIは、AWS Partner Network (APN) のコンサルティングパートナーです。

さらに、「cloudpack with KDDI」提供のほか、840社を超えるAWSの導入実績と豊富なノウハウを誇るアイレットと協業することで、KDDIは、お客さまのご要望に応じたAWSの導入・構築・保守までのソリューションをワンストップで提供します。
これにより、新たにシステムを構築するお客さまのみならず、既存システムのクラウド化を検討しているお客さまも、安心してAWSを導入・ご活用いただけます。

また、KDDIの広域ネットワークサービス「新規ウィンドウが開きますKDDI Wide Area Virtual Switch (KDDI WVS)」、「新規ウィンドウが開きますKDDI Wide Area Virtual Switch 2 (KDDI WVS 2)」をご利用のお客さまは、「AWSダイレクト接続」にお申し込いただくことで、自社設備を運用する場合と同様にセキュアな環境でAWSをご利用いただけます。

KDDIは、「cloudpack with KDDI」のほか、「新規ウィンドウが開きますKDDIクラウドプラットフォームサービス」や「新規ウィンドウが開きますGCP with KDDI」、Microsoft Azureなど、お客さまのご要望に応じた最適なクラウドプラットフォームを提供することで、今後も、法人のお客さまのビジネス創出を支える基盤を作り、お客さまの本業に貢献していきます。

なお、「cloudpack with KDDI」提供開始に伴い、現在提供中の「新規ウィンドウが開きますAWS with KDDI」は、2017年11月2日に新規お申込受付を終了します。(注2)

  • 注1)
    APNプレミアコンサルティングパートナーとは、AWSが提供するパートナープログラムの1つで、世界で55社、日本で7社のみが認定されています。
  • 注2)
    今後、AWS利用をご検討のお客さまには、「cloudpack with KDDI」をご案内して参ります。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:AWS利用に最適な「cloudpack with KDDI」を提供開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。