メニューを開く
検索エリア

沖縄県におけるIoT向け通信規格LTE-Mを活用したごみ箱の屋外実証実験について

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • 沖縄セルラー電話株式会社

2017年9月8日

KDDIは、沖縄セルラーの協力を得て、沖縄県那覇市において、2017年度内の商用化を目指しているIoT向け通信規格LTE-M (Cat.M1) を活用し (注1)、ごみ箱のごみ量の遠隔監視を行う屋外実証実験を実施しました。

実証実験用のIoTごみ箱 設置の様子

本実証実験では、ごみ箱が設置されていない沖縄県那覇市の国際通り商店街に、IoTセンサーを取り付けたごみ箱を設置し、定期的にごみの集積量を管理サーバーに通知します。
ごみの集積量をリアルタイムに把握可能となることで、適切なタイミングで回収をおこなうことができ、ごみ溢れの防止やごみ回収の効率化、回収に係るコスト削減などが期待できます。

また、通信には、省電力かつ広域なエリアカバレッジや高い浸透率を特長とするIoT向け通信技術LPWA (注2) 技術の1つであり、携帯電話網を利用するLTE-Mを試験的に活用しています。
実際の市街地においてLTE-Mを活用することで、LTE-Mを活用したビジネスユースケースの有効性や、LTE-Mの電力消費量、電波の浸透などの通信を検証しました。

KDDIは、LTE-MをはじめとするIoT向け通信技術LPWAの各方式を活用し、コストや通信速度、エリアカバレッジ、バッテリー持ちなど様々なユースケースにおいて、お客さまに最適なIoT通信を提供してまいります。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:沖縄県におけるIoT向け通信規格LTE-Mを活用したごみ箱の屋外実証実験について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。