メニューを開く
検索エリア

ワークショップ型出前講座「スマホ de 防災リテラシー」の開講について

このページを印刷する

~災害発生時に情報通信をライフラインとして有効活用するための教育活動を推進~

  • KDDI株式会社

2017年9月7日

KDDIは、2017年9月より、これまで実施してきた「KDDIスマホ・ケータイ安全教室」に加え、青少年向けにワークショップ型出前講座「スマホ de 防災リテラシー」を新しく開講します。

「スマホ de 防災リテラシー」は、複数の班に分かれて机上の地図を見ながら、大災害が起きたという想定のもと、スマートフォンとSNSを活用して災害情報を集め、安全な避難経路や避難所、救助に向かう場所を地図上で特定することを目的としたワークショップ型の講座です。
受講者は、本講座を通して、文字コミュニケーションと対面コミュニケーションの違いや、情報発信や受信の際に気を付けるべきことを学ぶ「情報リテラシー教育」を受けることができます。また、災害時の情報交換を模擬体験することで、自助と共助の大切さや、災害時に必要な知識、気づきを学ぶ「防災教育」を受けることができます。

KDDIは、2005年度から、子供たちがマナーを守りながらスマホやケータイを正しく使用し、トラブルに巻き込まれないための講座である「KDDIスマホ・ケータイ安全教室」を、全国の学校を訪問して実施し、その累計開催数は2万回を超えました。
今後は、スマホやケータイの正しい使い方だけでなく、「スマホ de 防災リテラシー」の講座を通して、災害発生時に情報通信をライフラインとして有効活用できる「情報リテラシー教育」と「防災教育」の活動も推進していきます。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:ワークショップ型出前講座「スマホ de 防災リテラシー」の開講について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。