メニューを開く
検索エリア

『auナビウォーク』『NAVITIME』世界初!「電車混雑回避ルート」を提供開始

このページを印刷する

~少し早い電車に乗れば座れる、少し時間はかかるけど満員電車を避けられる、など毎日の電車移動をちょっと快適に! ~

  • KDDI株式会社
  • 株式会社ナビタイムジャパン

2017年3月16日

KDDI株式会社 (代表取締役社長: 田中孝司、本社: 東京都千代田区) と、株式会社ナビタイムジャパン (代表取締役社長: 大西啓介、本社: 東京都港区) は、2017年3月16日 (木) より、「auナビウォーク」「NAVITIME」にて、世界初 (注1) となる、「電車混雑回避ルート」を提供開始します。

「電車混雑回避ルート」では、「乗換案内」や「トータルナビ」で首都圏 (注2) のルート検索をすると、通常の検索結果 (最大4件) に加えて、表示されている検索結果よりも空いているルートがある場合に、「混雑を避けたルート」を表示します。対象時間は、平日の終日で、上り方面、下り方面ともに対応します。また、曜日単位の混雑傾向も考慮します。

お客さま側での新たな設定は不要で、ルート検索時に自動で空いているルートが提示されます。終日対応しているため、朝の通勤ラッシュ時間帯だけでなく、比較的時間に余裕のある帰宅時間帯のルート検索時でも、より便利にお使いいただけます。

ナビタイムジャパンでは、お客さま一人ひとりの快適な移動をサポートする取り組みとして、1駅ごとの混雑状況の地道な調査を行い、首都圏の約2,500万人が乗る電車を経路探索エンジンにより予測する技術「電車混雑シミュレーション」を独自開発しています。2016年4月19日より、「auナビウォーク」「NAVITIME」「乗換NAVITIME」にて、本技術をもとに生成した予測データを加工し、アプリ内にて「電車混雑予測」として提供しています。

今後も、さらに予測精度の向上や対象路線の拡大に努め、混雑の見える化やお客さま一人ひとりの快適な移動をサポートする機能を提供することで、日本の電車の混雑緩和にも貢献していきます。

  • 注1)
    ナビゲーションアプリとして、世界初。2017年3月16日時点。ナビタイムジャパン調べ。
  • 注2)
    対応路線は、別紙参照。

サービスイメージ

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:『auナビウォーク』『NAVITIME』世界初!「電車混雑回避ルート」を提供開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。