メニューを開く
検索エリア

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」と 「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」の提供を開始

このページを印刷する

~ヒトとオフィスに大切なトイレをIoTで効率化! ~

  • KDDI株式会社

2017年2月20日

KDDIは、2017年3月以降に、IoTクラウドサービス「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」と「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」の提供を開始します。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」は、トイレの個室にIoTを活用することで、スマートフォンから空き状況をリアルタイムに閲覧できるサービスです。これにより、利用者はトイレの空室を探す時間や空室待ちの時間を減らすことが可能になります。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」は、トイレの個室内に設置された人感センサーと高機能フラッシュバルブを組み合わせることで、利用者の滞在時間によって適切な水量の流し分けが可能になります。また、IoTを活用して、トイレの各個室における水量データを把握することで、フラッシュバルブの状態を監視し、正確な水量のモニタリングおよび遠隔で必要なメンテナンスが可能になります。
これにより、従来に比べて40~50% (注) の節水が可能になり、地球環境にも優しい上にコスト削減が図れます。

「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」と「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」は、トイレの個室利用を効率化することでヒトの時間効率化が図れるほか、節水によるコスト削減や利用頻度に応じた清掃ルート・清掃間隔等の最適化などオフィスの運用効率化を図ることができ、トイレソリューションとして新たな付加価値を提供します。

KDDIは、今後もIoTを活用するお客さまのビジネスパートナーとして、お客さまの本業に貢献していきます。

新規ウィンドウが開きますKDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~
新規ウィンドウが開きますKDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~
新規ウィンドウが開きますKDDIの IoTソリューション

  • 注)
    バルブメーカーの実績値をもとに算出した想定値。設置環境などにより、想定値を下回る場合があります。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」と 「KDDI IoTクラウド ~トイレ節水管理~」の提供を開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。