メニューを開く
検索エリア

「FUMM ADVENTURE」の全容を大公開。よみうりランド「グッジョバ!!」に日本初! IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションが明日、10月8日より遂にオープン!

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • 株式会社よみうりランド

2016年10月7日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司) と株式会社よみうりランド (本社: 東京都稲城市、代表取締役社長: 上村 武志) は、明日10月8日 (土) より、日本初 (注) となるIoTシューズ「FUMM (フーム)」を活用した体験型迷路アトラクション「FUMM ADVENTURE (フーム アドベンチャー) powered by au」を、よみうりランド (東京都稲城市・川崎市)「グッジョバ!!」エリアにオープンします。

「FUMM ADVENTURE」はIoTシューズ「FUMM」を子どもが着用し、スマートフォンを持った親とともに、星の王様が地球上の過去や未来に落としてしまった<星のコア>を取り戻すためにタイムトラベルをするというストーリーです。
「恐竜エリア」「ロボットエリア」「星エリア」の3つのエリアに分かれており、各エリアにはビーコンというBluetooth信号を送る発信機が埋め込まれている為、ビーコンの前を通過すると、スマートフォンがBluetooth信号を受信し、各エリアに応じてスマートフォンアプリ上のエリア表示が変化していきます。
また「FUMM ADVENTURE」で活用されるIoTシューズ「FUMM」は靴に「カラー」「感圧」の2種類のセンサーを搭載しています。「カラー」センサーは「FUMM ADVENTURE」の各エリアに敷かれている様々な色のカラーシートに反応し、子どもが施設内のどの位置にいるのかを感知します。「感圧」センサーは子どもが歩くことで反応し、各エリアのストーリーに沿ってスマホ画面上に、音と映像が流れる仕組みです。

  • 注)
    9月14日時点。KDDI調べ

■「FUMM ADVENTURE powered by au」エリア紹介

  • (1)

    恐竜エリア

    太古の世界が広がる恐竜エリアでは、迷路内に点在する恐竜達と会話をし、散らばってしまった星のかけらを集めていきます。迷路の途中には、池に落ちないように葉っぱの上をジャンプして渡る<葉っぱジャンプ>のミッションがあり、メインエリアには巨大なティラノサウルスと、<星のカケラ>をかけて、<かけっこ競争>を行います。子どもは色付きの足場で足踏みをすることで「FUMM」が足元の色を感知し、数がカウントされ、30秒間で足踏みが何回出来たかを競います。

  • (2)

    ロボットエリア

    ロボットが活躍する未来の世界で、様々な形のロボットが登場します。恐竜エリアよりもミッションが増え、<うまくわたれるかな?>といった、溶鉱炉の上にかかっている細い一本橋から落ちないように、渡るミッションや、メインエリアでの、動けずに困っている巨大なロボットを救出する<うごけないロボットをたすけよう!>ミッションが発生します。複数の場所に設置されたボタンを押す事で、巨大なロボットを救出する事が出来ますが、その前には様々な障害物があり、行く手を阻みます。

  • (3)

    星エリア

    恐竜エリアとロボットエリアで集めた<星のカケラ>を星の王様に渡す事で、星空に明かりが取り戻されます。星空の明かりを表現した巨大な万華鏡による、光を用いた特別な演出をお楽しみいただけます。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:「FUMM ADVENTURE」の全容を大公開。よみうりランド「グッジョバ!!」に日本初! IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションが明日、10月8日より遂にオープン!


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。