メニューを開く
検索エリア

「KDDI Open Innovation Fund」によるスマホVRサービスを手掛ける株式会社ハコスコへの出資について

このページを印刷する

~VRの普及に向けたVRプラットフォーム構築を加速化~

  • KDDI株式会社

2016年5月19日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下KDDI) は、グローバル・ブレイン株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 百合本 安彦) が運営するコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を通じて、株式会社ハコスコへ出資を行いました。

株式会社ハコスコは、2014年7月より、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンと一緒に使うことで手軽にVR (注1) 体験ができるダンボール製のVRビューワー「ハコスコ」(以下、「ハコスコ」) の販売を行っています。スマートフォン上で再生する映像を「ハコスコ」越しに覗き込むことで、臨場感のあるVR体験が可能となります。
また、「ハコスコ」だけでなく、「ハコスコ」専用アプリ、スマートフォン用VRコンテンツから成る「スマホVRサービス」を、三越伊勢丹やHIS、GREEなどさまざまな企業やイベントを通じ、ユーザーへ一気通貫提供することで、VR機器を誰でも手軽に入手・体験可能な物にしてきました。
VR機器は、近年注目を浴びながらも、高価格帯であることが普及のハードルとなっていましたが、「スマホVRサービス」の提供開始以来、「ハコスコ」の出荷台数は17万件 (注2) を超え、スマホ型VRビューワーの代名詞として広く認知されています。また、「ハコスコ」の持つ、加工や装飾が容易なダンボール製という特性を活かし、クライアント企業ならではのオリジナルプリントを施すことで、オリジナルVRコンテンツと共に、広告メディアとしても活用されています。

KDDIは、今後VRの更なる普及に向けて、ハコスコ社の「もっと手軽に、いつでもどこでも、みんなにVR体験をしてもらいたい」という理念に共感するとともに、既存のAR事業「SATCH」とのシナジー効果やVRコンテンツおよび制作ノウハウなどの蓄積が可能であることから、今後のVRビジネスでの事業展開が見込める有望なスタートアップ企業と判断し、資本提携を行いました。
今後は、auスマートパス上での専用アプリの掲載やビジネス開発支援を行っていくとともに、KDDIの運営する「うたパス」や「ビデオパス」、「uP!!!」、「SATCH」などのエンターテインメント系事業と連携したコンテンツの配信も検討していきます。

VR市場は2020年には700億ドルに達する (注3) と見込まれていることに加え、ゲーム、ライブ中継などのエンターテインメント領域だけではなく、教育、ヘルスケア、不動産など多岐に渡る展開が想定されており、KDDIは今後も有望なスタートアップ企業への出資を通じて、来るべきVR時代を見据えた新たな価値をお客さまに提案していきます。詳細については別紙をご参照ください。

  • 注1)
    VR: VirturlRealityの略。人工的に作成された仮想的な環境を、VRビューワー等を使いあたかも現実のように感じされることが出来る技術。現実を拡張する新しい作業空間や、現実ではあり得ない体験を提供するエンターテインメントに利用が進んでいる
  • 注2)
    2016年3月現在。ハコスコ社出荷台数に基づく
  • 注3)
    日本円換算:約7兆6086億円 (2016年5月16日現在)、出典新規ウィンドウが開きますTrend Force/TrendForce Forecasts VR Matket Value to Hit US$70 Billion in 2020 as Innovative Apps Enrich This industry

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:「KDDI Open Innovation Fund」によるスマホVRサービスを手掛ける株式会社ハコスコへの出資について


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。