メニューを開く
検索エリア

auのAndroid (TM) 搭載スマートフォン向けに「プライバシーデータ設定」機能を提供

このページを印刷する

~アプリによる利用者情報へのアクセス可否設定が簡単に管理・制御可能に~

  • KDDI株式会社
  • 株式会社KDDI研究所

2014年10月20日

KDDI、KDDI研究所は、スマートフォン向けアプリをより安心・安全にご利用いただくため、2014年10月以降に発売するau のAndroid (TM) 搭載スマートフォンにおいて、位置情報や電話帳などの利用者情報へのアプリによるアクセスを制御する「プライバシーデータ設定」機能 (注1) を提供します。

スマートフォンの普及に伴い、利用者の承諾なく利用者情報を外部に送信するアプリの存在がプライバシー保護の観点から懸念されています。総務省は2012年に「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」(以下SPI) を公表し、アプリの開発者に対して、情報送信機能を備える場合の適切なアプリ向けプライバシーポリシー (以下アプリプラポリ) の開示および利用者の承諾を得ることを求めています。
KDDI、KDDI研究所は、この問題を改善するため、2012年10月より、au Marketで提供するアプリに対して、SPI提唱項目に準拠したアプリプラポリの開示を必須化し、利用者情報の送信に関する透明性の確保に努めてまいりました。

今般、更なる安心・安全なアプリの利用を実現するため、Google Play (TM) など、au Market以外の経路からダウンロードされたアプリが利用者情報にアクセスした場合にダイアログボックスで通知するほか、アプリごと、利用者情報種別 (電話帳、位置情報、電話番号) ごとのアクセス可否の設定を確認および変更することができる「プライバシーデータ設定」機能を提供します。

KDDI、KDDI研究所は、今後もアプリ市場全体の安心・安全の底上げに寄与するとともに、今後もスマートフォン利用におけるさまざまなプライバシー不安の解決に努めていきます。

  • 注1)
    「プライバシーデータ設定」機能は、デフォルト設定ではOFFになっているため、利用に際しては設定画面から利用設定を行う必要があります。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:auのAndroid (TM) 搭載スマートフォン向けに「プライバシーデータ設定」機能を提供


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。