メニューを開く
検索エリア

日本~米国間光海底ケーブル「FASTER」の共同建設協定締結について

このページを印刷する

1 「FASTER」の概要

1) ネットワーク構成  日本~米国
2) 運用開始時期 2016年度第1四半期
3) 回線容量 60Tbps
4) 総延長 約9,000km
5) 総建設費 約3億米ドル (約306億円)
6) 共同出資者 KDDI (日本)
China Mobile International (中国)
China Telecom Global (中国)
Google (米国)
SingTel (シンガポール)
Global Transit (マレーシア)
7) システム供給者 NEC (日本)

2 ネットワーク概念図

【参考】千倉第二海底線中継所の概要

施設名 千倉第二海底線中継所
所在地 千葉県南房総市千倉町内
耐震強度 震度7に対応
海抜 約28m
電源設備 2系統受電、ガスタービン式自家発電機

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。