メニューを開く
検索エリア

国内通信事業者初、Android (TM) 搭載スマートフォン、タブレットでも米国内でLTE国際ローミングが利用可能に!

このページを印刷する

~観光やビジネスをもっと快適に。LTE国際ローミングが拡大中~

No.2014-087

2014年5月13日

KDDI、沖縄セルラーは2014年5月15日より、Android (TM) 搭載スマートフォン、タブレットでの米国内におけるLTE国際ローミングサービスの提供を、国内通信事業者としては初めて開始します。

これにより、邦人渡航者が多い米国へ旅行や出張で訪れた際に、auのAndroid (TM) 搭載スマートフォン、タブレット (注) なら動画の閲覧やビジネスファイル、Eメールによる高画質な写真の送信など、大容量のコンテンツが、さらに快適にご利用いただけるようになります。

なお、LTEによる国際ローミングは、提供エリアにおいて従来のローミングサービスと同様の方法でご利用いただくことができ、お申し込みは不要です。さらに、LTE通信料についても定額料金でご利用いただける「海外ダブル定額」の対象となるため、Android (TM) 搭載スマートフォン、タブレット向けにおいては現在、13の国と地域でLTE通信料を気にせず安心してご利用いただけます。

KDDIは、今後も国際ローミングサービス「グローバルパスポート」によるLTE高速データ通信の提供エリアを順次拡大していきます。

新規ウィンドウが開きます「海外ダブル定額」

  • 注)
    対応機種は別紙をご参照ください。

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:国内通信事業者初、Android (TM) 搭載スマートフォン、タブレットでも米国内でLTE国際ローミングが利用可能に!


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。