メニューを開く
検索エリア

日本初!「キャリアアグリゲーション」の導入について

このページを印刷する

1. キャリアアグリゲーションの特徴

  • 通信速度の向上
    現在のLTE規格では、連続した20MHz帯域までしか利用することができませんが、LTE-Advancedでは、キャリアアグリゲーション技術によって、複数の周波数帯域を重ねることで、最大100MHzまでの周波数帯域の利用が可能となります。
    KDDIでは、いち早くキャリアアグリゲーション技術を導入し、800MHzの10MHz帯域と2.1GHzの10MHz帯域を重ねることにより受信の通信速度最大150Mbpsを実現します。
    これにより、受信最大150Mbps (注) エリアを一気に全国へ広げていきます。
  • 安定した高速データ通信環境の実現
    異なる周波数帯で同時にLTEデータ通信が可能になるため、周波数毎の混雑状況や電波環境に応じて最適なスループットを提供することができます。例えば、一つの周波数の電波環境が悪く通信速度が低下した場合でも、もう一つの周波数で通信速度を補うことができます。これにより、安定した高速データ通信環境を実現します。

2. 導入時期

2014年夏 (予定)

  • キャリアアグリゲーション対応のauスマートフォンが対象です。

3. 受信最大150Mbps対応エリア

キャリアアグリゲーション導入時 約2,500地点
2015年3月末 全国約20,000地点 (予定)

  • ご利用可能な場所については別途auホームページにてご案内します。
  • 注)

    ご利用地域やご利用端末によって最大通信速度が異なります。また、通信速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより低下する場合があります。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。