メニューを開く
検索エリア

自転車を安全・安心に利用できる社会の実現へ「自転車安全・安心プロジェクト」を開始

このページを印刷する

2017年9月29日

KDDI株式会社

9月21日木曜日、KDDI株式会社、株式会社ナビタイムジャパン、au損害保険株式会社は、秋の全国交通安全運動に合わせ、自転車ながらスマホの撲滅、および高額賠償への備えに関する意識向上を図るため「自転車安全・安心プロジェクト」を開始しました。また、10月1日より自転車の損害賠償保険への加入が条例で義務付けられる名古屋市で、同日、記者説明会を実施しました。

プロジェクトの第一弾企画として実施する「STOP! 自転車ながらスマホキャンペーン」は、9月21日から10月31日の間、ナビタイムの「自転車 NAVITIME」アプリを利用して、「ながらスマホしない運転」を5km体験いただき、アンケートに回答すると、先着5,000名様に達成記念のコーヒーが貰えるキャンペーンです。

あわせて、自転車ながらスマホの危険性を認識いただくための啓発動画を制作し、ホームページやさまざまなイベントで活用するほか、9月23日、24日に名古屋市で開催された「メ~テレ秋まつり2017」への出展するなど、自転車を安全・安心に利用できる社会を目指した啓発活動に取り組んでいきます。

新規ウィンドウが開きますニュースリリース『自転車を安全・安心に利用できる社会の実現へ「自転車安全・安心プロジェクト」を開始』
新規ウィンドウが開きます「自転車安全・安心プロジェクト」サイト
新規ウィンドウが開きます啓発動画「危険! 自転車ながらスマホ」


・名古屋市で実施した記者説明会の様子。


・STOP! 自転車ながらスマホキャンペーン


・啓発動画「危険! 自転車ながらスマホ」


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。