メニューを開く
検索エリア

自転車を安全・安心に利用できる社会の実現へ「自転車安全・安心プロジェクト」を開始

このページを印刷する

~「自転車 NAVITIME」アプリでスマホを見ずに走行すると、コーヒーが貰える~

  • KDDI株式会社
  • 株式会社ナビタイムジャパン
  • au損害保険株式会社

2017年9月21日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中孝司、以下 KDDI)、株式会社ナビタイムジャパン (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 大西啓介、以下 ナビタイム)、au損害保険株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 遠藤隆興、以下 au損保) は、秋の全国交通安全運動に合わせ2017年9月21日より、自転車ながらスマホの撲滅、および高額賠償の備えに関する意識向上を図るため「自転車安全・安心プロジェクト」を開始します。

プロジェクトの第一弾企画として、2017年9月21日から10月31日の間、ナビタイムの「自転車 NAVITIME」アプリを利用して、「ながらスマホしない運転」で5km走行し、アンケートに回答すると、先着5,000名様に達成記念のコーヒーが貰える「STOP! 自転車ながらスマホキャンペーン」を実施します。

自転車事故の全体件数は減少傾向ですが、対歩行者や自転車同士の事故の割合は増加傾向にあります。(注) また、2013年には自転車事故を起こした少年の母親に9,521万円の賠償を命じるケースが発生するなど、自転車利用による高額賠償事故が社会問題化しています。
これらの自転車利用を取り巻く問題を踏まえ、被害者の保護、および加害者の経済的負担を軽減すべく、2015年10月の兵庫県を皮切りに、自治体による自転車保険の加入義務化の動きが広がっています。2017年10月には、名古屋市、鹿児島県において自転車保険の加入義務化、福岡県において自転車保険の加入が努力義務化される予定です。

そこで、「自転車安全・安心プロジェクト」では、「STOP! 自転車ながらスマホキャンペーン」や、啓発動画「危険! 自転車ながらスマホ」の制作、地域イベントでの啓発活動などを実施し、自転車利用の安全と安心に関する意識の啓発に取り組みます。

今後も、KDDI、ナビタイム、au損保は、「自転車安全・安心プロジェクト」の展開を通じて、自転車を安全・安心に利用できる社会の実現を目指していきます。

  • 注)
    警視庁交通局「平成27年における交通事故の発生状況」より

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:自転車を安全・安心に利用できる社会の実現へ「自転車安全・安心プロジェクト」を開始


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。