メニューを開く
検索エリア

東北イノベーターズ プログラム発表会を実施

このページを印刷する

2015年3月9日

KDDI株式会社

2月22日日曜日、KDDIおよびライフイズテック株式会社 (本社: 東京都目黒区、代表取締役: 水野雄介) は、KDDI東北総支社 (宮城県仙台市) において、東北イノベーターズ プログラムの発表会を開催しました。

東北イノベーターズ プログラムは、東北の未来を担う人材の育成を目指すIT教育支援を目的として、2014年の夏から実施してきました。3日間のキャンプ中に、スマートフォンアプリやWEBサービスの開発を基礎を学びその後、5か月間に渡るオンライン講座で、チームごとに地域の課題解決に向けたアプリやwebサービスの企画を行ってきました。今回は、学生たちが考えたアプリやwebサービスについてコンセプトムービーなどを用いて、発表を行いました。

発表会には、東松島市副市長の古山守夫氏、ライフイズテック代表取締役の水野雄介氏らを審査員としてお招きし、各チームの表彰を行いました。最優秀賞には、福島県の女子中学生チームが考えた、「Where? Here? (災害警報が出た際に通信が途絶える直前の居場所を伝えられるアプリ)」が選ばれました。

KDDIは、これからも被災地の復興に向けた取組みを積極的に行ってまいります。

新規ウィンドウが開きます「東北イノベーターズ プログラム」
新規ウィンドウが開きます東北大学でKDDIキャンプを開催

・最優秀賞を受賞した女子中学生チームの発表の様子

・東北を元気にすることを目的にした応援アプリ「の発表を行う中学生チーム

・真剣に発表を聞く審査員 (左からKDDI東北総支社長 菅野養一、東松島副市長 古山守夫氏、KDDI総務部長 田中稔、KDDI ∞ Labo責任者 潮田兼和)


  • この記事に記載された情報は、掲載日時点のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。