auリニューアブルエナジー初の太陽光発電所を運転開始

このページを印刷する

~関東エリアのau基地局に供給。KDDIのカーボンニュートラル実現を加速~

  • auリニューアブルエナジー株式会社
  • KDDI株式会社

2023年12月1日

再生可能エネルギー発電事業を推進するauリニューアブルエナジーは2023年12月1日から、埼玉県熊谷市において太陽光発電所(以下 本発電所)の商業運転を開始しました。
本発電所で発電した電力は、関東エリアのau基地局に供給します。auリニューアブルエナジーは本発電所に加え、今年度中に東北、関東、中部エリアなどで新たな太陽光発電所の運転を順次開始する予定です。
今後もauリニューアブルエナジーは、au基地局・通信局舎・データセンターなどで年間22億kWh(該当項目へジャンプします注1)消費するKDDI設備に電力を供給するため、継続して太陽光発電所の開設を進めていきます。

<本発電所 外観>

地球温暖化による影響は年々深刻化し、気象災害が増加しています。政府は、2050年脱炭素社会の実現に向けて「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」(該当項目へジャンプします注2)を策定し、経済と環境の好循環を創出するため、官民の総力を挙げた取り組みを進めています。
KDDIは2030年度までに自社、2050年度までにグループの事業活動におけるCO2排出量実質ゼロ実現を目指しています。KDDIとauエネルギーホールディングスは、再生可能エネルギー発電設備を建設し、発電された電力を基地局・通信局舎・データセンターなどの自社設備へ直接供給することなどを目的にauリニューアブルエナジーを設立し、2023年4月1日から事業を開始しました。
本発電所は、auリニューアブルエナジーが建設し商業運転を開始した初めての事例です。本発電所の年間想定発電量は約103万kWh(該当項目へジャンプします注3)を見込み、一般家庭約240世帯分の年間電気使用量に相当(該当項目へジャンプします注4)します。

今後も太陽光などの再生可能エネルギー発電設備の建設を推進し、再生可能エネルギーの導入を拡大することで、カーボンニュートラル実現に向けた取り組みを加速していきます。

■発電所概要

所在地 埼玉県熊谷市板井字中島1186-1
発電規模 950kW
運転開始日 2023年12月1日
施工会社 株式会社 ウィンフィールドジャパン

(参考)

■auリニューアブルエナジー 会社概要

auリニューアブルエナジーは、「再生可能エネルギーで、"自然"と"地域社会"をつなぎ、地球と人が、ともに豊かに暮らせる未来へ。」をPurpose(存在意義)として掲げ、地域や自治体、パートナー企業のみなさまとともに、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの発電事業を推進しています。地域に存在する太陽光発電、蓄電池、電気自動車などの分散型電源を制御し、安定供給を実現する再生可能エネルギー中心のエネルギー社会への転換に寄与していきます。

auリニューアブルエナジー Purpose

  • (1)商号
    :auリニューアブルエナジー株式会社
  • (2)所在地
    :東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
  • (3)事業内容
    :再生可能エネルギー発電設備の開発・運用
  • (4)資本金
    :1億円
  • (5)設立年月日
    :2023年1月12日
  • (6)代表者
    :代表取締役社長 鈴木 吾朗
  • (7)ホームページ URL
    新規ウィンドウが開きますhttps://www.kddi-re.com

2023年4月3日ニュースリリース
新規ウィンドウが開きますKDDIグループと京セラ、再生可能エネルギー発電事業の推進に向け資本業務提携
~カーボンニュートラル実現を加速。蓄電池を活用した電力の安定供給に貢献~

2023年6月29日ニュースリリース
新規ウィンドウが開きます群馬県、KDDI、auリニューアブルエナジー、再生可能エネルギー導入拡大に向けGX推進の連携協定を締結


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。