メニューを開く
検索エリア

KDDIの新卒・中途採用計画について

このページを印刷する

~採用数の4割超を中途に。新卒の初期配属を確約した採用枠を5割に拡大~

  • KDDI株式会社

2021年1月14日

KDDIは、2021年度の中途採用計画および2022年度の新卒採用計画を決定しました。5Gを活用した新規事業の創出や金融や決済などの非通信事業の拡大に伴い、450名の採用を計画しています。

新卒採用計画では、短期的な経済状況に左右されることなく、前年同規模の260名の採用を計画しています。2020年度入社者より開始している、初期配属を確約したジョブ型採用枠「Willコース」を5割に拡大します。対象コースは、これまでのデータサイエンスやソリューションエンジニアなどに加え、パートナーマネジメント (代理店営業) およびアカウントコンサル (法人営業) を新設し、12職種に拡大します。
なお、2021年4月に入社する新卒社員から新人事制度が適用されます。一律の初任給制度を撤廃し、能力に応じた給与体系が導入されます。また2020年度からジョブマッチングを目的として、有給の長期インターンシップを開始しており、今後拡大していきます。

中途採用計画では、過去最大の190名の採用を計画し、初めて採用数の4割超が中途採用になります。当社はデジタルトランスフォーメーション (DX) などの成長領域の事業拡大を進めています。DX事業では、通信事業で培ったソリューション開発の経験とKDDIグループのアセットを活用し、お客さまの経営課題を踏まえたDX戦略の策定とソリューション開発を担う人材を採用していきます。特にDX推進コンサルタントやクラウドエンジニア、ソリューションエンジニアをはじめとする専門性を有する人材の採用を加速させます。

■採用計画

新卒採用 (該当項目へジャンプします) 2022年度計画数: 260名
中途採用 2021年度計画数: 190名

なお、KDDIグループでも積極的に中途および新卒採用を行っています。KDDIグループのうち、KDDIエンジニアリング、ビッグローブ、中部テレコミュニケーション、auフィナンシャルホールディングス、エナリス、KDDIエボルバでは、2021年度の中途採用および2022年度の新卒採用において合計400名を超える採用を予定しています。

最新の採用情報に関しては、新規ウィンドウが開きますKDDI採用ポータルサイトをご確認ください。2021年度の中途採用に係るポジションは、21年3月頃に公開予定です。

  • 注)
    新卒採用の対象は、2018年4月~2022年3月に大学、高専専攻科を卒業 (見込み)、大学院修士・博士課程を修了 (見込み) の方。既卒者も応募できます。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。