メニューを開く
検索エリア

5Gサービスエリアの拡大に向けた取り組みについて

このページを印刷する

~既存周波数のNR化を推進し、3.5GHz帯の5Gサービスを2020年12月中旬から開始~

  • KDDI株式会社

2020年12月9日

KDDIは、5Gネットワークの早期整備に向け、3.7GHz帯および28GHz帯に加え、3.5GHz帯など当社が有効利用中の既存周波数を利用した5Gサービスエリアの構築を積極的に推進していきます。
このたび、3.5GHz帯を利用した5Gサービスの提供を東名阪エリアにおいて2020年12月中旬以降 (該当項目へジャンプします)、順次開始します。

5Gは、人々の生活や社会の仕組みに通信が融合する超スマート社会において重要な社会基盤として期待されており、KDDIは、レジリエントな未来社会の創出に向け、ネットワーク、プラットフォーム、ビジネスの3つのレイヤで環境整備し、フィジカル (現実) 空間とサイバー (仮想) 空間の高度な融合を5Gで加速する「KDDI Accelerate 5.0」を進めています。

今後、KDDIは2022年3月には約5万局に達する5G基地局を構築し、お客さまの5Gの日常利用に加え、生活動線におけるさまざまな体験創出に向け、既存周波数のNR化による、5Gネットワークのさらなる高密度化を推進していきます。

■5Gサービスエリアの整備計画

  • 東名阪主要都市において、3.5GHz帯を利用した5Gサービスを2020年12月中旬 (該当項目へジャンプします) から順次提供開始。
  • 2022年3月には約5万局の5G基地局を整備し、高密度の5Gネットワークを構築。

5Gエリア拡大を加速 全国にスピード展開 新規に加えて既存周波数も活用

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、強靭なネットワークを構築するとともに5G時代の新しい体験価値を創造していきます。

  • 注)
    ご利用にはソフトウエアアップデートが必要となります (2020年12月中旬の配信を予定)。
  • 5Gは一部エリアで提供しております。詳しくはauホームページをご確認ください。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。