メニューを開く
検索エリア

5Gを活用した新規ビジネスの創出に向けた「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」を設立

このページを印刷する

~キャリア5G・ローカル5Gを活用してDXを支援~

  • KDDI株式会社

2020年10月8日

KDDIは、5Gを活用した法人のお客さまの新規ビジネスの創出や課題解決に向けた取り組みをより一層加速させるため、「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」(以下 本アライアンス) を10月8日に設立しました。
本アライアンスは、KDDIが提供する「au 5G」および企業や自治体が自ら局所的に5Gシステムを構築する「ローカル5G」の両ネットワークを活用し、法人のお客さまのDX (デジタルトランスフォーメーション) を支援します。

KDDI 5G ビジネス共創アライアンス

<「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」イメージ図>

近年、さまざまな業界で5Gを活用したDXの取り組みが進んでいます。一方で、同じ5Gでも「キャリア5G」「ローカル5G」など、さまざまな提供形態が存在し、5Gを利用する法人のお客さまから見ると自社の課題解決や新規ビジネスの創出に適した5Gの選択や依頼先の選定が難しく、検討が進みにくいといった問題が生じています。

本アライアンスでは、5Gをはじめとするさまざまなネットワークサービスを提供するKDDIと、5Gに関連した技術や機器など多様なアセットをもつ「デバイス・パートナー (端末)」「ネットワークソリューション・パートナー (基地局装置)」「ネットワークサービス・パートナー (通信サービス)」に加えて、5Gを活用した新規ビジネスの創出や課題解決を検討している「DXビジネス・パートナー」がコミュニティを形成し、業種・業態ごとの課題に対し最適な5Gネットワークを用いた解決策の検討を行う場を設け活動を活性化させます。
また、参加パートナー間での5Gに関連する最新情報の共有、KDDI DIGITAL GATEなどを活用した新たなビジネスモデルのディスカッションや実証内容の検討、実証実験などの活動を予定しています。
今後、5Gを活用したビジネスモデルの創出を目指す「DXビジネス・パートナー」を拡大し、順次取り組みを進めていきます。

KDDIは、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、5Gを活用したDXを推進し、パートナーとともに法人のお客さまのビジネスに貢献することにより、新しい体験価値を創造していきます。

新規ウィンドウが開きます「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」について


<別紙>

■「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」概要

1. 目的

KDDIと、5Gに関連した技術や機器など多様なアセットをもつ「デバイス・パートナー」「ネットワークソリューション・パートナー」「ネットワークサービス・パートナー」に加えて、5Gを活用した新規ビジネスの創出や課題解決を検討している「DXビジネス・パートナー」がコミュニティを形成し、「au 5G (キャリア5G)」「ローカル5G」の両ネットワークを活用し、法人のお客さまのDXを支援します。

2. パートナー種別

KDDI (アライアンスオーナー) アライアンスの統括、課題解決や新たなビジネスモデル創出に向けた各種リソース提供
デバイス・パートナー 5Gの端末を提供する企業
ネットワークソリューション・パートナー 5Gの基地局設備を提供する企業
ネットワークサービス・パートナー 5Gの通信サービスを提供する企業
DXビジネス・パートナー 5Gを活用したサービスを提供する企業および課題解決を目指す企業

3. 設立日

2020年10月8日

4. アライアンス参加企業 (2020年10月8日時点) ※50音順

企業名
1 APRESIA Systems株式会社
2 NJCネットコミュニケーションズ株式会社
3 エリクソン・ジャパン株式会社
4 株式会社大塚商会
5 沖電気工業株式会社
6 京セラ株式会社
7 京セラコミュニケーションシステム株式会社
8 KDDIエンジニアリング株式会社
9 サムスン電子株式会社
10 株式会社ソラコム
11 ダイワボウ情報システム株式会社
12 日本電気株式会社
13 ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
14 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
15 株式会社日立システムズ
16 富士通株式会社
17 ユニアデックス株式会社

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。