メニューを開く
検索エリア

有望スタートアップ約1200社が選ぶ「イノベーティブ大企業ランキング2020」で3年連続1位を受賞

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2020年9月4日

KDDIは、イノベーションリーダーズサミット実行委員会 (運営: 株式会社プロジェクトニッポン、以下 ILS) と経済産業省が2020年9月4日に発表した、有望スタートアップ約1,200社が選ぶ「イノベーティブ大企業ランキング2020」で3年連続1位を受賞しました。

<プロジェクトニッポン 代表取締役社長 松谷 卓也 (左)
KDDI 経営戦略本部 ビジネスインキュベーション推進部 部長 中馬 和彦 (右)>

KDDI 経営戦略本部 ビジネスインキュベーション推進部長の中馬 和彦は次のように述べています。
「この10年間、新しいチャレンジに取り組み続けてきた結果、このような名誉ある賞をいただけたことを大変光栄に思っています。大手企業がスタートアップと共にチャレンジする取り組みが産業界全体に拡がり、当たり前のこととなるよう、今後もスタートアップ支援に全力を注いでまいります。」

■10年目を迎える国内事業会社最初のインキュベーションプログラム

「KDDI ∞ Labo」は2011年時点で国内事業会社として初となるインキュベーションプログラムとして開始し、2019年度は14社、累計で90社のスタートアップを支援してきました (該当項目へジャンプします)。

■国内最大規模のCVCは2019年度25社、累計75社に出資

2012年からコーポレートベンチャーファンド「KDDI Open Innovation Fund (以下 KOIF)」を開始し、「KOIF1号」「KOIF2号」と現在活動している「KOIF3号」を合わせ、運用総額約300億円規模で、KDDIグループのAI、IoT、ビッグデータ、フィンテックの専門性も活かしながら幅広い事業領域のスタートアップへ出資しています。国内外のスタートアップへ、2019年度は25社、累計で75社に出資しました (該当項目へジャンプします)。

■46社の大手企業と300社超のスタートアップをマッチング

2014年には国内の大手企業を束ねた「パートナー連合」とともにアクセラレータプログラムを開始しました。2017年からは事業共創プログラムを開始し、2019年度は、「パートナー連合」の46社と300社以上のスタートアップとのマッチングを行いました。また、「パートナー連合」とともに、新型コロナウイルス感染症の影響下におけるスタートアップの新規商材開発や技術採用事例の創出など、スタートアップの事業継続を支援する「MUGENLABO支援プログラム2020」も2020年7月から開始しています。

KDDI オープンイノベーションの取り組み

<KDDI オープンイノベーションの取り組み>

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、スタートアップやパートナー企業とともに、新しい体験価値を創造していきます。

新規ウィンドウが開きますKDDI Ventures Program

■「イノベーティブ大企業ランキング2020」 調査概要について

  • (1)

    調査対象

    過去4年間に開催されたILS (2016-2019) において、国内外の主力VC (ベンチャーキャピタル) など、約130機関で構成されるILSアドバイザリーボードの推薦を受けて、ILSのメインイベントである大企業とスタートアップの新事業協業マッチングプログラム「パワーマッチング」に参加した国内有望スタートアップ全1214社の経営者

  • (2)

    調査方法

    インターネット調査 (ILS専用サイト上の入力フォームによる回収)

  • (3)

    調査期間

    2020年7月22日から2020年8月11日

  • (4)

    有効回答

    617社 (回答率51%)

  • (5)

    調査主体

    イノベーションリーダーズサミット運営事務局、経済産業省

新規ウィンドウが開きますオープンイノベーション版 人気企業ランキング2020
有望スタートアップ企業が選ぶ「イノベーティブ大企業ランキングTOP30」を発表
2020年9月4日報道発表

  • 注)
    2020年9月4日時点

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。