メニューを開く
検索エリア

イノベーション創出を加速する「社内副業制度」を開始

このページを印刷する

~正社員約11,000名を対象、就業時間の約2割で実施~

  • KDDI株式会社

2020年6月26日

KDDIは、正社員約11,000名(該当項目へジャンプします注1)を対象に、就業時間の約2割を目安として自部署以外での業務を経験できる「社内副業制度」を2020年6月1日から導入しました。自部署とは異なる組織・違った環境の業務に携わることで社員の専門性の探索や習得を加速させると共に、組織の壁を超えた人財シナジーによるイノベーション創出の機会を増やすことが目的です。

「社内副業制度」は組織を超えた活動を推奨する人事制度改革の一環として実施します。
イノベーション創出の観点で募集業務を各部署で精査・公表し、社員が自らの成長の加速につながる業務へ応募します。社員、所属部署、社内副業先部署の3者が合意した上で、最大6カ月間社内副業を行い、社内副業先の業務も人事評価の対象となります。テレワークを積極的に活用することで、現在の勤務地に関係なく応募可能です。2020年4月1日から全86業務の募集を行い、63名が2020年6月1日以降順次、社内副業を開始しています。

<「社内副業制度」イメージ>

KDDIでは、「自分の専門性を磨く場が欲しい」「他の部署を経験したい」という社員からの声がありましたが、これまでは会社指示による数年ごとの定期異動や兼務という方法が主で、希望に沿った柔軟な対応が困難でした。「社内副業制度」を導入することで、社員は自らの希望で募集業務に手を挙げ、定期異動と比較してより速く、より柔軟に新しい場への挑戦が可能になります。

また、「通信とライフデザインの融合」を推進しているKDDIグループは、通信を核として、決済・物販・エネルギー・金融サービスなどのライフデザイン領域に事業を拡大しています。さらに、全世界で204社(該当項目へジャンプします注2)のグループ会社が存在し、多種多様な業種、業務があります。

今後は本取り組みをKDDIグループ全体や社外にも拡大することを検討しており、社内副業を経験した社員が専門性を磨き、成長して所属部署に還元すると共に、社内副業先部署では受け入れた社員の新しい視点による発見や刺激がもとになり、イノベーションが生まれ、KDDIグループ全体が成長する、といった好循環を目指しています。

■KDDI「社内副業制度」2020年度上期概要

  • 2020年4月1日から全86業務の募集を行い、選考の結果、63名が2020年6月1日以降順次社内副業を開始しています。
  • 応募者属性は20代が最多です。また、約2割が東京以外からの応募でした。

■主な社内副業募集業務例

au PAY アプリのスーパーアプリ化に向けた企画業務やICT/IoTを用いて地域の課題解決に取り組む「地域ICT化応援部隊」、業務を自動化・効率化するツールを開発する「アジャイル開発エンジニア」など、社員の専門性や自部署での経験を活かせる業務や、専門性を磨きたいニーズに応える業務が幅広く募集されました。

業務名業務内容
au PAY アプリのスーパーアプリ化に向けた企画
  • au PAY アプリの利用拡大やユーザビリティ改善を目的とした他社動向調査、分析・調査に基づく改善提案
VRデバイス連携サービス検討のための基礎的な技術・市場調査/PoC(概念実証)実施
  • VRデバイス連携における基礎技術要素、市場性の検討、PoCの実施
地方創生「関係人口」創出プロジェクト
  • KDDI社員のSDGsに対する理解促進および「関係人口」としての地域への関与拡大を目的に、特定地域を応援する有志社員を集めたコミュニティ立ち上げの企画・運営
  • 地方創生プロジェクトにおける、地域視点の提供などによる支援
地域ICT化応援部隊
  • 地域(主に地方自治体)ステークホルダーとの関係づくりから、ICT/IoTを用いた地域課題(主に一次産業や観光業)の解決に資する企画の立案
未来のデータドリブンエバンジェリスト(見習い)
  • データサイエンティストとして、ビッグデータを分析し、そのノウハウの習得
  • 社員の所属部署にデータ分析ノウハウを広げるとともに本業との間でのシナジーを生み出す
アジャイル開発エンジニア
~次の時代のオペレーション(自動化・可視化)を楽しく、一緒に作ろう!~
  • 運用業務の効率化に向けた、各業務の自動化ツール・可視化ツールの企画開発
  • アジャイル手法によるスクラム体制でのチーム開発を体験することにより、ソフトウェア内製開発スキルを習得
ビッグデータ解析に機械学習を取り入れるべく、アルゴリズムの検討及び仕組み作りを手掛けるエンジニア求む
  • 機械学習を用いた仕組みの構築
  • 応募要件 機械学習、コーディングの知識を有すること

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、社員の成長とイノベーション創出を加速し、新しい体験価値を創造していきます。

  • (注1)
    2020年3月時点 KDDI本体勤務の正社員
  • (注2)
    KDDIの企業集団は2020年3月31日時点で、当社及び連結子会社164社(国内105社、海外59社)、持分法適用関連会社40社(国内33社、海外7社)により構成されています。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。