メニューを開く
検索エリア

三井不動産とKDDI、5Gを活用したオフィスビルのDXを目指し、基本合意書を締結

このページを印刷する

~オフィスビルの課題解決や働き方改革を促進するオフィスソリューションの提供に向けた取り組みを実施~

  • 三井不動産株式会社
  • KDDI株式会社

2020年5月19日

三井不動産株式会社 (本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 菰田 正信、以下 三井不動産) とKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を活用したオフィスビルのデジタルトランスフォーメーション (DX) を目指し、2020年4月に基本合意書を締結しました。今後、オフィスビルの課題解決や働き方改革を促進するオフィスソリューションの提供に向けた取り組み (以下 本事業) を実施します。
なお本事業は、KDDI本社やKDDI DIGITAL GATE (該当項目へジャンプします注1) における実証実験から開始し、2021年4月を目途に日本橋室町三井タワーをはじめとした「三井のオフィス」にて5Gのネットワーク環境を構築します。

<日本橋室町三井タワー>

<オフィスソリューションイメージ>

5Gは、「高速・大容量、低遅延、多接続」を特長としており、リアルタイム性や安定性が求められるオフィスビルにおいて、より高精細で大容量のデータ通信を安定的に行うことが可能です。また、新型コロナウィルスの影響によりBCPの観点から、テレワーク (情報通信技術を利用した場所や時間にとらわれない働き方) がより一層求められており、5Gなどの情報通信技術を活用することにより、テレワークと組み合わせたオフィス利用者の柔軟な働き方を促進することが可能となります。

両社は、三井不動産の持つ「場と機会」と、KDDIの持つ「技術基盤」を融合することで、5Gを活用した快適なテレワークやインタラクティブなバーチャル会議などのソリューションを構築しオフィスビルのDXを図っていきます。さらに、両社の社員や対象の「三井のオフィス」に勤める利用者などが実際に5Gを利用できる環境を整え、利用者の意見を取り入れながら新たなワークスタイルの創造を通じて、さらなる付加価値の提供とビジネスモデルの創出を目指します。

■5Gを活用したオフィスソリューション (予定)

5G端末利用による快適なテレワーク環境の構築
最新のWeb会議システム
インタラクティブなバーチャル会議システム
テレプレゼンスシステム (該当項目へジャンプします注2)

■5Gを導入し、実証実験を行う拠点

日本橋室町三井タワー 11階 (三井不動産執務室)
日本橋室町三井タワー 5階 (テナント向け会員制施設mot.内 (該当項目へジャンプします注3))
日本橋高島屋三井ビルディング 10階 (テナント向け会員制施設mot.内)
ガーデンエアタワー (KDDI本社)
虎ノ門ツインビルディング (KDDI DIGITAL GATE内)

<参考> (本事業以外での5Gに関する両社の取り組みについて)

三井不動産とKDDIは、以下の取り組みも進めています。

  • 注1)
    お客さまのDXを支援する、KDDIの5Gビジネスの開発拠点
  • 注2)
    利用者に対して、遠隔地にいる人とまるでその場に一緒にいるかのように感じさせる技術 (例えば: 講演の生配信)
  • 注3)
    「三井のオフィス for Tomorrow/Mitsui Office for Tomorrow」の略称

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。