メニューを開く
検索エリア

KDDI Open Innovation Fund 3号 新投資プログラム「B2B SaaS Fund Program」を開設

このページを印刷する

~第1号案件としてクラウドRPAを展開するBizteXに出資~

  • KDDI株式会社

2020年4月20日

KDDIは2020年4月20日、クラウド市場およびSaaS (Software as a Service) 領域の成長を見据え、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社、以下 KOIF3号) の投資プログラムに「B2B SaaS Fund Program」(以下 本プログラム) を新たに追加しました。
あわせて、本プログラムの第1号案件として、クラウドRPA (Robotic Process Automation) を展開するBizteX (ビズテックス) 株式会社 (本社: 東京都新宿区、代表取締役: 嶋田 光敏、以下 BizteX) に出資 (以下 本出資) しました。

1. 本プログラムについて

(1) 背景

  • 国内のクラウド市場は、企業システムにおけるクラウドファーストの浸透により、さまざまな領域での活用が見込まれ、前年比20パーセント近い成長が続くと予測されます (該当項目へジャンプします注1)。
  • 近年では、特定の職種や機能に特化したSaaSが登場し、企業におけるSaaS活用の領域が拡大し続けています。
  • KDDIはこれまでも国内外のクラウド事業者とのパートナリングにより、法人のお客さまにSaaSをはじめとしたクラウドサービスの提供を行ってきました。今後さらなる市場拡大が見込まれる中、高成長を続けお客さまのビジネス変革をリードするB2B SaaSベンチャーに対して積極的な投資と事業支援を実施するため、本プログラムを設立しました。

(2) 実施内容

  • 本プログラムを通じた企業支援と、KDDIグループが持つリソースや技術を活用した事業の創出で、法人のお客さまがさまざまなSaaSを安心して活用できるようサポートし、お客さまの働き方変革やデジタルトランスフォーメーションによる事業拡大に貢献していきます。

2. 本プログラムの第1号案件 BizteXについて

  • BizteXは、日本初 (該当項目へジャンプします注2) のクラウドRPA「BizteX cobit」(以下 cobit) を展開しています。
    cobitは、データ入力・収集などの定型業務をロボットが代行するインストール不要、プログラミング不要のSaaS型RPAとして、広告や人事部門など多くの分野で1,000社を超える導入実績を有しています。
  • 今後BizteXは、複数のSaaS型サービスや基幹システムとの連携強化を通じて、クラウドRPAを中核とした総合的な業務の自動化を実現する「Automation Tech領域」での事業成長を推進します。
  • KDDIは本出資を通じてBizteXの事業成長を支援するとともに、KDDIの法人のお客さまのビジネスモデルの変革をBizteXと実現すべく事業の創出を進めていきます。

KDDIは、"お客さまに一番身近に感じてもらえる会社"として、有望なスタートアップ企業への出資を通じたビジネス共創を促進し、お客さまやパートナー企業さまとともに、新しいビジネスモデルを創造していきます。

(参考)

1. BizteXの概要

  • (1) 社名:
    BizteX株式会社
  • (2) 本社:
    東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館 2階
  • (3) 設立年月:
    2015年7月
  • (4) 事業内容:
    業務自動化ソリューションの企画・開発・販売
  • (5) 代表取締役:
    嶋田 光敏
  • (6) 社員数:
    27名
  • URL:
    新規ウィンドウが開きますhttps://www.biztex.co.jp/

2. 新規ウィンドウが開きますKDDI Open Innovation Fundについて

KDDI Open Innovation Fundは、ベンチャー企業を広く支援するコーポレートベンチャーファンドです。現在活動している「KDDI Open Innovation Fund 3号」は、運用総額約200億円規模で、AI、IoT、ビッグデータ、フィンテックを注力分野としています。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。