メニューを開く
検索エリア

JALとKDDI、国内航空会社で初となる5G利用を開始

このページを印刷する
  • 日本航空株式会社
  • KDDI株式会社

2020年3月30日

日本航空株式会社 (本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 赤坂 祐二、以下 JAL) は、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) が提供する「au 5G」サービスを「JAL Innovation Lab」(該当項目へジャンプします注1) において導入し、2020年3月30日から国内航空会社で初 (該当項目へジャンプします注2) となる5G利用を開始します。

JALとKDDIは、これまでに2回の実証実験を重ね (該当項目へジャンプします注3)、航空会社の業務における5G活用の可能性を追求してきました。このたび、5Gのさらなる業務活用の取り組みを加速します。なお、実証実験第2弾で取り組んだ「航空機整備の遠隔作業支援」などの整備業務での活用については、現在実用化にむけた検討を進めています。

<5Gの業務活用イメージ>

今後は、デジタルトランスフォーメーション (DX) による業務効率化や業務品質向上に加えて、5Gスマートフォンを用いたさまざまなお客さま向け5G活用サービスの検討も進めていきます。

JALでは、より安全・高品質、便利で快適な航空サービスの実現を目指しています。また、KDDIグループは、「5G」を活用することでJALグループの航空機整備や空港サービスの高度化をサポートしていきます。

なお、本取り組みはKDDI・JALで連携をした「ラボ・アライアンス」によるプロジェクトです。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。