メニューを開く
検索エリア

JFEスチールとKDDI、4月から製鉄所に5Gを導入

このページを印刷する

~4K映像を活用し、安定操業・スマートファクトリー化を推進~

  • JFEスチール株式会社
  • KDDI株式会社

2020年3月17日

JFEスチール株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 北野 嘉久、以下 JFEスチール) とKDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、JFEスチール東日本製鉄所 (千葉地区) において、第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を2020年4月から導入し、4K映像などの活用を通して、JFEスチールの安定操業やスマートファクトリー化を推進します。

5Gは、高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続を特長としています。リアルタイム性と安定性が求められる製造現場のネットワーク環境において、5Gの技術を活用することで、さまざまなセンサーで取得した大量のデータを一括収集し、各設備を一括制御することが可能になり、製造現場全体の最適化を図ることができます。また、生産効率向上、工場内の自由なレイアウト変更への対応、設備と作業員の協働支援など、工場のスマートファクトリー化、DX (デジタルトランスフォーメーション) の更なる推進に貢献することが期待されています。

今回はStep1として、2020年4月中にJFEスチール東日本製鉄所 (千葉地区) 熱延工場内に生産ラインを監視する高精細ITVカメラとKDDIの5G基地局を設置し、カメラにより撮影された4K映像を5Gで伝送することにより、蓄積される映像と各種トレンドを同期化して分析できる仕組みを構築し、試運転の後、5月より稼働させます。映像は管制室の4K対応モニターからリアルタイムでも確認することができるようになります。将来的にはStep2として、映像と各種トレンドを踏まえたAIによる各種品質判定などを目指します。

また、今後は他工場、他事業所への水平展開のほか、CPS (サイバー・フィジカル・システム) を高度化するためのインフラとして、5Gの活用を検討、推進していきます。

JFEスチールは、AIを含むデータサイエンス技術の活用など、経営主導による統合的・系統的なITに関する取り組みを推進してきており、鉄鋼業界で唯一、2014年度から5年連続で「攻めのIT銘柄」に選定されています。今後も5Gをはじめとする最新のICT活用を通して、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。