メニューを開く
検索エリア

KDDIとSpatial、スマートグラス「NrealLight」を活用したAR会議システムの開発に向け、包括的パートナーシップを構築

このページを印刷する
  • KDDI株式会社
  • Spatial Systems Inc.

2020年2月26日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) とSpatial Systems Inc. (本社: 米国 ニューヨーク、CEO: Anand Agarawala (アナンド アガラワラ)、以下 Spatial (スペーシャル)) は、2020年2月17日に、ARやVRなど空間コンピューティング (Spatial Computing) への取り組みを加速させ、5G時代における新たなテレワークやユーザー間コミュニケーションシーンの創出を目的とする包括的パートナーシップを構築しました。

KDDIとSpatialは、5G時代に本格化するスマートグラスを活用した新たなコミュニケーションシーンの創出に向け、Spatialが有する遠隔AR会議システムのスマートグラス「NrealLight」への最適化を推進するほか、日本市場におけるAR会議システム・コミュニケーションサービスの受容性確認やテストマーケティングを実施します。
また、KDDIの5G MEC (Mobile Edge Computing) を活用することで、より高画質でスムーズな動作を実現し、スマートグラスを通じたリアリティと高臨場感のあるバーチャルコミュニケーションサービスの提供を目指します。

1. 包括的パートナーシップの内容

  • (1)
    日本国内におけるNreal LTD.製スマートグラス「NrealLight」を活用したAR会議システム・コミュニケーションサービスの開発
  • (2)
    日本国内における商品企画、販売に係るマーケティングの共同推進

2. 締結日

2020年2月17日

今回のパートナーシップ締結にあたり、SpatialのCEOであるAnand Agarawalaは、「Spatialの会議システムは、Fortune1000に居並ぶ多くの企業ですでに採用されているか、積極的に試用・検討されており、ハードウェアの進化によってその層はますます厚くなっています。5GネットワークやNrealLightのようなコンシューマ市場向けヘッドセットの普及でさらに勢いづくでしょう。このハードウェア、チップセット、通信キャリアの組み合わせは、2000年代初期にスマートフォン、高速モバイルデータ、アプリストアでモバイル革命を起こしたものとちょうど同じ構図であり、これからAR (Augmented Reality: 拡張現実) 技術は一大成長期を迎えると考えています。」と述べています。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。