メニューを開く
検索エリア

KDDI、消費者庁の内部通報制度認証 (WCMS認証) に登録

このページを印刷する

~企業倫理ヘルプラインの周知徹底を図り、コンプライアンスを強化~

  • KDDI株式会社

2020年2月5日

KDDIの内部通報制度である「企業倫理ヘルプライン」が、2020年1月31日付で、消費者庁所管の「内部通報制度認証 (自己適合宣言登録制度)」(以下 WCMS認証) に登録されました。
「WCMS認証」とは、コンプライアンス経営の推進や健全な事業遂行の確保に向けた、内部通報制度に関する自己評価の認証制度です。内部通報制度を事業者自ら評価し、「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(2016年12月9日消費者庁) の基準に適合している場合に、消費者庁の指定登録機関が自己適合宣言登録事業者として登録し、所定の「WCMSマーク」の使用を許諾されます。

KDDIは、コンプライアンス違反行為を早期に把握し、迅速かつ適切な対処を図るため、社内及び社外に内部通報窓口「企業倫理ヘルプライン」を設置・運営しています。「企業倫理ヘルプライン」では、社内から幅広く通報・相談を受け付け、適切に対応すると共に、従業員が安心して利用できるよう、秘密保持などを徹底しています。
さらに、2019年度より、内部通報制度の環境整備の一環として、派遣社員、場内委託社員、外部出向者などを含む従業員3万人以上に対し、内部通報窓口の連絡先を記載した名刺大の携帯用のカードを配布し、「企業倫理ヘルプライン」の周知徹底に取り組んでいます。また、社内イントラ内の情報掲載や、新入・中途社員・管理職向けの研修など、社員のコンプライアンス意識の向上にも取り組んでいます。

これらの内部通報制度の信頼性・実効性を更に高めるための取り組みが、「内部通報制度認証」の認証基準に沿っていると評価され、このたびの登録に至りました。

KDDIは、国内外のグループ会社の内部通報制度の環境整備にもより一層積極的に取り組み、グループ横断的な視点からコンプライアンス活動を推進していきます。

<内部通報窓口の連絡先を記載した携帯用カード>


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。