メニューを開く
検索エリア

KDDI Open Innovation Fund 3号、スマホのみでホテルの受付から滞在まで可能な生体認証技術ソリューションを提供するGTRIIPに出資

このページを印刷する

~KOIFの海外活動3拠点目となるシンガポールでの出資第1号案件~

  • KDDI株式会社

2020年2月3日

KDDIは、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社) を通じて、生体認証技術の開発およびシンガポールをはじめとしたアジア全域で生体認証技術を活用したソリューションサービス (以下 本ソリューション) を提供するGTRIIP Global Inc. (本社: 米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO: Maxim Thaw Tint、以下 GTRIIP (ジートリップ)) へ出資 (以下 本出資) しました。

GTRIIPはチェックインにかかる時間の短縮を可能にするドキュメントレス認証の世界の実現にむけて、シンガポールやマカオの5つ星ホテルを中心に本ソリューションを導入 (該当項目へジャンプします注1) しています。本ソリューションは、お客さまがスマートフォンへ事前登録したパスポート写真と、ホテル到着時にスマートフォンで撮影する顔写真で個人認証が完了するため、フロント受付不要で自動チェックインが可能となります。また、スマートフォンを部屋の鍵の代わりとして利用できるほか、テレビやエアコン、照明などのリモコン代わりとしても利用可能となり、スマートフォン一つでホテルのチェックインから滞在までをシームレスに実現します。
また、本ソリューションはホテルのみならず、オフィス、データーセンター、イベント会場のチケット認証など、個人認証が必要となる施設に幅広く適用が可能です。

KDDIは、これまでもKDDI Open Innovation Fundを通じてシンガポール、インドネシアなどの東南アジアのスタートアップへの出資を実施しており、2019年6月にはKDDI Open Innovation Fundの海外活動拠点として3拠点目 (該当項目へジャンプします注2) となるシンガポールにも拠点を立ち上げました。本出資は、シンガポール拠点の活動による第1号出資案件となります。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、有望なスタートアップ企業への出資を通じたビジネス共創を促進し、新しい体験価値を創造していきます。

(参考)

■GTRIIP Global Inc.の概要

  • (1) 社名
    GTRIIP Global Inc.
  • (2) 本社
    米国カリフォルニア州サンフランシスコ
  • (3) 設立年月日
    2014年7月
  • (4) 事業内容
    ドキュメントレス認証ソリューションの提供
  • (5) 代表者
    Maxim Thaw Tint
  • (6) 社員数
    20名

URL: 新規ウィンドウが開きますhttps://www.gtriip.com/

新規ウィンドウが開きますKDDI Open Innovation Fundとは

KDDI Open Innovation Fundは、ベンチャー企業を広く支援するコーポレートベンチャーファンドです。現在活動している「KDDI Open Innovation Fund 3号」は、運用総額約200億円規模で、AI、IoT、ビッグデータ、フィンテックを注力分野としています。

  • 注1)
    シンガポールおよび中国のホテル13,000室に導入済み。
  • 注2)
    2011年6月米国シリコンバレーに拠点開設、2016年10月韓国ソウルに拠点開設。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。