メニューを開く
検索エリア

渋谷駅ハチ公前広場にてau 5Gを活用した拡張体験を提供

このページを印刷する

~1964年の渋谷駅前にタイムスリップ。観光案内所「青ガエル」がau 5G案内所へ~

  • KDDI株式会社

2020年1月24日

KDDIは、2020年3月に予定している第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) の開始に先駆け、さまざまな年代に親しまれる創造文化都市「渋谷」において、2020年1月24日から2020年1月25日の期間中、5G可搬型基地局を渋谷駅ハチ公前広場に設置します。au 5GとXR技術を組み合わせることで、5G元年である2020年から1964年の渋谷駅前にタイムスリップし、過去の渋谷の街並みを体験できる特設ブースを開設します。

また、渋谷駅ハチ公前広場の象徴である観光案内所「青ガエル」(通称) において、2020年1月24日から2020年3月31日の期間中、XR技術やAIを活用し、国内外のパートナー企業とともに今後実施のau 5Gによる拡張体験施策をガイドする未来の観光案内所として期間限定で実証していきます。

1. 5G可搬型基地局の設置

  • (1)

    実施期間

    2020年1月24日から2020年1月25日
  • (2)

    内容

    • 5G開始となる2020年3月に先駆け、創造文化都市「渋谷」の象徴的なスポットである渋谷駅ハチ公前広場で、5Gの可搬型基地局を設置。
    • ライゾマティクス・アーキテクチャ (本社: 東京都渋谷区) ディレクターの齋藤 精一氏監修のもと、一般社団法人1964 TOKYO VR (所在地: 東京都渋谷区、代表理事: 土屋 敏男)、株式会社Psychic VR Lab (所在地: 東京都新宿区、代表取締役: 山口 征浩) と連携し、スマートフォンをかざすと1964年の渋谷の街並みへタイムスリップできる5Gを活用したXR体験ブースを開設。
    • XR体験ブースのコンテンツ配信プラットフォームは、VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「新規ウィンドウが開きますSTYLY」(該当項目へジャンプします) を採用しています。

<au 5G 渋谷駅ハチ公前広場可搬局・体験ブース>

2. 観光案内所「青ガエル」が新たなエンターテインメントをガイド

  • (1)

    実施期間

    2020年1月24日から2020年3月31日
  • (2)

    内容

    • AIやXR技術を活用し、AI店員による接客や渋谷におけるau 5Gの取り組み案内、拡張体験施策のガイドなど、未来の観光案内を随時実証予定。

<観光案内所「青ガエル」>

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、5Gを都市や文化の発展に生かし、5G時代の新しい体験価値を創造していきます。

  • 注)
    新規ウィンドウが開きますSTYLY
    STYLYは、アーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォームです。2020年春には、VR制作ツールとして現在提供中の「STYLY Studio」でAR向けにコンテンツを制作・配信することが可能になります。VR対応PCやプログラミングスキルがなくても、ウェブブラウザで展開されるSTYLY Studioにお好みのクリエイティブをインポートすることで、モバイル向けにARコンテンツを配信することが可能です。なお、今回の作品はAR作品制作が可能となるβ版のSTYLY Studioにて制作されています。
  • 5G端末提供: ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社が開発した5G実証実験用スマートフォンを今回の体験ブース向けに利用。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。