メニューを開く
検索エリア

法人向けIoT累計回線数が1000万回線を突破

このページを印刷する

~広がるIoT利活用をワンストップで約20年にわたりサポート~

  • KDDI株式会社

2020年1月22日

KDDIは、2001年より提供している法人向けIoTデータ通信の累計回線数が、2019年11月に1000万回線を突破したことをお知らせします。

IoT法人契約回線数推移

KDDIは、M2M (Machine to Machine) の時代から、モノとモノをつなぐ回線サービスを提供してきました。また、M2MからIoTへとつながる対象が拡大する中、IoTを推進する上で欠かせないデバイス (センシング)、ネットワークインフラ、クラウド、データ分析まで、IoTをワンストップで提供する体制をKDDIグループ全体で整えています。さらに、これまでに培ったIoT分野の知見を活かし、5G・IoT時代のビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」において、トータルで国内外の法人のお客さまのデジタルトランスフォーメーションを推進しています。

KDDIの提供するIoTは、スマートメーターや車両に通信機能を搭載したコネクティッドカー、ホームセキュリティなどに導入が進んでおり、工場内設備の故障予兆・生産コストのムダの見える化や、工事現場において気温の変化や天候の急変から作業員を守る取り組み、さらに、農業や漁業などの第一次産業でも導入が進んでいます。例えば、経験や勘に頼っていた漁業に関するノウハウを、IoTを活用してデータ化・蓄積し養殖技術の確立につなげる地方創生などへ活用されています。

今後、5GやAIなどを組み合わせたサービスにより、既存分野でさらなる利活用を進めるとともに、IoT世界基盤を通じて、国内だけでなく海外にもIoTをさらに拡大していきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。

<参考>

新規ウィンドウが開きますKDDI IoTポータル

【IoT活用例】

<コネクティッドカー>

<工事現場における天候予測>

<鯖養殖技術の確立>

<米の無農薬栽培における水管理>


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。