メニューを開く
検索エリア

ABBYY (アビー) ジャパンのOCR関連ソフトウェアをアジア・北米・欧州・オーストラリアで販売開始

このページを印刷する

~OCRとRPAの連携で、紙データのシステム入力を自動化~

  • KDDI株式会社

2020年1月9日

KDDIは、ABBYYジャパン株式会社 (本社: 神奈川県横浜市、代表取締役: 小原 洋、以下 ABBYY) の認定パートナーとなり、ABBYYが提供するOCR (該当項目へジャンプします注1) 関連ソフトウェア「FlexiCapture (R)」などを、2020年1月9日よりアジア・北米・欧州・オーストラリアで販売開始します。

ABBYYは、OCR関連ソフトウェアのグローバルリーディングカンパニーです。世界11カ国に現地オフィスを展開し、200カ国以上でサービスを提供しています。ABBYYが提供する「FlexiCapture (R)」は、さまざまなフォーマットや言語で作成された紙書類にある文字情報を、高い精度で認識し、必要な情報のみ読み取り、データ化することが可能なインテリジェント・プラットフォームです。

また「FlexiCapture (R)」は、自動化により業務を効率化するRPA (該当項目へジャンプします注2) と連携することにより、紙書類の文字情報の読み取りから、システムへの投入までの自動化が可能となり、情報の仕分けや内容確認、入力といった、人による多くの手作業を削減できます。KDDIでは、UiPath社のRPAプラットフォーム (該当項目へジャンプします注3) とあわせて提供することにより、より一層、お客さまの業務効率化を推進し、自動化の課題を解決するとともに、お客さまのデジタルトランスフォーメーション (DX) 推進をサポートします。

<FlexiCapture (R) とUiPath RPAプラットフォームの連携利用イメージ>

詳細は新規ウィンドウが開きますABBYY FlexiCapture製品情報をご参照ください。

KDDIグループは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、企業のお客さまのグローバルビジネスの展開を強力にサポートし、新しい体験価値を創造していきます。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。