メニューを開く
検索エリア

KDDI Open Innovation Fund 3号、データの自動匿名化技術を有するDeeping Sourceに出資

このページを印刷する
  • KDDI株式会社

2020年1月8日

KDDIは、有望なベンチャー企業への出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者: グローバル・ブレイン株式会社) を通じて、データの自動匿名化技術を有するDeeping Source Inc. (本社: 大韓民国ソウル市、CEO: Pete Kim、以下 Deeping Source) に出資しましたのでお知らせします。
なお、本出資は「ARISE analytics AI Fund Program」による事業共創を目的とした取り組みの一環です。

昨今、技術革新に伴うデジタル社会の伸長により、データの取扱量がグローバル規模で増加しています。一方、プライバシーに関わる個人情報保護法 (GDPRやPrivacy Law) の規制強化も世界各国で議論や整備が進んでいます。そのような中、企業による合法的かつ、信頼性に基づいたデータ収集のニーズも増加傾向にあり、データセキュリティ領域の独自技術を有するスタートアップ企業に関心が高まっています。
Deeping Sourceは、拡張性 (機械学習の多様化)・網羅性 (画像・動画・テキスト)・リアルタイム性 (データ容量の軽減)・セキュリティ精度 (データの不可逆化) の特長を有しており、Deeping Sourceが保有する技術は、従来の部分置換や暗号化に比べ、データによるヒト・モノの解析やAIによる機械学習への利用が適しています。

<従来のデータ加工手法との比較>

KDDIにおける本出資は、今後ビッグデータ活用が期待されるデータビジネス領域における新たな価値共創に向けた取り組みです。KDDIグループのARISE analyticsが有する画像解析技術と事業共創を進め、さまざまな企業のデータセキュリティを強力にサポートするとともに、安心安全なデジタル社会の進展に取り組んでいきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、有望なスタートアップ企業への出資を通じたビジネス共創を促進し、新しい体験価値を創出していきます。

(参考)

■Deeping Source Inc.の概要

  • (1) 社名:
    Deeping Source Inc.
  • (2) 本社:
    大韓民国ソウル市
  • (3) 設立年月日:
    2018年6月
  • (4) 事業内容:
    機械学習に必要なデータを自動匿名化するサービス/ソリューションの展開
  • (5) 代表者:
    CEO: Pete Kim
  • (6) 資本金:
    6,000,000ウォン
  • (7) 社員数:
    12名

■KDDI Open Innovation Fundとは

KDDI Open Innovation Fundは、ベンチャー企業を広く支援するコーポレートベンチャーファンドです。現在活動している「KDDI Open Innovation Fund 3号」は、運用総額約200億円規模で、AI、IoT、ビッグデータ、フィンテックを注力分野としています。


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。