メニューを開く
検索エリア

KDDIオフィスでの全面禁煙と、一律ドレスコードを廃止

このページを印刷する

~健康経営と働き方改革をさらに推進~

  • KDDI株式会社

2019年11月6日

KDDIは、健康経営・働き方改革の一環として、2019年10月以降、オフィス内喫煙室の廃止による全面禁煙と、オフィス内での全社一律のドレスコードを廃止します。KDDIでは、人事戦略に「自律と責任」を掲げ、新しい発想・価値観・働き方を推進し、社員一人ひとりの主体性や生産性を高めることにより、会社の持続的成長の実現を目指します。

1. オフィス全面禁煙

喫煙率の低下による健康経営推進のために、2020年4月より全国106拠点のKDDIオフィスを全面禁煙とし、2021年3月までにKDDI社員の喫煙率18%以下を目指します。これに先立ち、2018年度には禁煙外来の受診促進、KDDI社員向けの健康ポイントプログラム (該当項目へジャンプします注1) における禁煙成功者へのポイント付与など、禁煙推進の取り組みを開始しています。

2. 全社一律ドレスコードの廃止

従来の固定観念にとらわれず、新しい発想・新しい価値観での業務遂行を浸透させるために、2019年10月より「スーツとネクタイ」という従来型で全社一律のドレスコードを廃止しました。特定の装いを強制することなく、社員一人ひとりが自律的に考え柔軟な働き方をすることで、よりイノベーティブなワークスタイルへの変革を目指します (該当項目へジャンプします注2)。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"ワクワクを提案し続ける会社"として、一人ひとりのお客さまや社員の多様な生き方・考え方・働き方を尊重し、新しい体験価値を創造していきます。

  • 注1)
    健康ポイントプログラムとは、KDDI社員が日々のウォーキング・生活習慣改善の取り組みなどでポイントが獲得でき、獲得したポイントは特典と交換できる仕組みです。
  • 注2)
    業務内容に合わせて、本部単位での規定を設けています。

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。