メニューを開く
検索エリア

タグラグビーにおいて、5Gを活用した選手・観客の一体感を醸成する新しい観戦体験を提供

このページを印刷する

~選手のバイタルデータや応援の高揚度を可視化し、スポーツイベントを活性化~

  • 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (ATR)
  • KDDI株式会社
  • データスタジアム株式会社

2019年10月21日

株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (本社: 京都府相楽郡 (けいはんな学研都市)、代表取締役社長: 浅見 徹、以下 ATR)、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、データスタジアム株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 加藤 善彦、以下 データスタジアム) は、株式会社ジュピターテレコム (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 井村 公彦 以下、J:COM)、SOLTILO Knows株式会社 (本社: 大阪府吹田市、代表取締役: 鈴木 良介、以下 Knows) の協力のもと、2019年10月19日に東大阪市花園ラグビー場 (以下 花園ラグビー場) で開催された「au 5Gタグラグビーエキシビションマッチ」において、第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) を活用し、スタジアム内の様子を4K高精細映像で撮影し、5G対応スマートフォン (該当項目へジャンプします注1) およびスタジアム内の大型モニターにリアルタイム伝送すると同時に、競技中の選手データや観客の盛り上がりを可視化することによる、選手と観客、観客同士との一体感を醸成する実証試験 (以下 本試験) を実施しました。

<大会の様子>

本試験では、花園ラグビー場の競技エリアを5Gエリア化し、試合中の選手やスタンドにおける応援の様子を、5Gを通じて、4K高精細映像で5G対応スマートフォンおよびスタジアム内の大型モニターにリアルタイム伝送しました。
加えて、選手のウェアに装着したIoTウェアラブルセンサーから得られるバイタルデータや、観客が持つ応援用スティックバルーンに取り付けたセンサーから取得したバルーンを叩いた回数情報などを可視化した映像を5G対応スマートフォンおよびスタジアム内の大型モニターに伝送した映像と合成、さらにリアルタイムに中継することで、選手と観客が一体となったスポーツ観戦体験を提供しました。

なお、本試験は、総務省の技術試験事務における5G総合実証試験 (該当項目へジャンプします注2) として実施しています。

<本試験概要>

今後、自宅に居ながら他拠点で観戦している観客と一体となった観戦や、ゲーム要素を含んだ応援合戦など、選手と観客、観客同士の一体感を醸成する新しいスポーツ観戦体験を提供することでスポーツイベントにおける観客の増員やスタジアム周辺の活性化を目指していきます。

詳細は別紙を参照ください。


<別紙>

■各社の役割

  1. 新規ウィンドウが開きますATR

    総務省の技術試験事務における5G総合実証試験の請負 (該当項目へジャンプします注2)。
  2. 新規ウィンドウが開きますKDDI

    5Gのエリア設計・評価ならびに、観客のウェアラブルセンサー、IoT ゲートウェイの手配。
  3. 新規ウィンドウが開きますJ:COM

    4K映像機器の手配ならびに、イベント運営。
  4. 新規ウィンドウが開きますデータスタジアム

    4K映像の低遅延配信、CG設計、スタッツデータの収集・加工。
  5. 新規ウィンドウが開きますKnows

    選手のウェラブルセンサーの手配。

■タグラグビーについて

タグラグビーは、腰につけたタグを取ることによってタックルしたとみなす、身体的接触を無くしたルールが特長で、初心者、年少者にも安心して楽しんでいただけるラグビー競技です。

  • 注1)
    ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、サムスン電子ジャパン株式会社提供。両社が開発した5G実証試験用スマートフォンを本試験の映像伝送やセンサーデータのリアルタイム中継に利用しています。
  • 注2)
    電波を有効に利用できる実現性の高い技術について技術的検討を行い、その技術の早期導入を図ることを目的として、総務省が「技術試験事務」を実施しています。詳細は下記を参照ください。
    新規ウィンドウが開きますhttp://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/fees/purpose/tectest/

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。