メニューを開く
検索エリア

地域経済を支える起業家創出プログラムを開始

このページを印刷する

~起業したい人募集、第一弾として「Tohoku Future Builders」を共催~

  • KDDI株式会社

2019年10月9日

KDDIは、2019年10月9日より、地域で起業を考えている学生や個人を対象として、起業特化型eラーニングや集合研修などを提供する起業家創出プログラムを開始します。第一弾として同日より、株式会社MAKOTO (本社: 宮城県仙台市、代表取締役: 竹井 智宏、以下 MAKOTO)、MAKOTOのグループ会社で地方創生事業を展開する株式会社MAKOTO WILL (本社: 宮城県仙台市、代表取締役: 菅野 永、以下 MAKOTO WILL) と東北地域を中心とした「Tohoku Future Builders」を共催します。

「Tohoku Future Builders」は、KDDIとMAKOTOが2019年7月23日に締結した、スタートアップの発掘・育成を目的とした地方創生の包括的パートナーシップ (該当項目へジャンプします) に基づき、東北の地域経済を支える起業家の創出・育成を目的としたプログラムです。

KDDIは、KDDI ∞ Laboや、コーポレートベンチャーファンドのKDDI Open Innovation FundおよびKDDI Regional Initiatives Fundによる出資などを通じ、スタートアップとの事業共創に取り組んできました。「Tohoku Future Builders」では、eラーニングや集合研修、個別メンタリングによる起業支援、事業拡大支援に加え、投資家や協業事業会社とのマッチング機会の創出を実施し、事業の開始・拡大・継続などに必要なサポートを総合的に実施していきます。

KDDIグループは、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、SDGsの取り組みを加速させ、お客さまや社会とともに持続的な成長・発展を目指していきます。


<別紙>

■Tohoku Future Builders概要

KDDIは、eラーニングや集合研修、個別メンタリングによる起業支援、事業拡大支援に加え、投資家や協業事業会社とのマッチング機会の創出を実施し、事業の開始・拡大・継続などに必要なサポートを総合的に実施していきます。

MAKOTOおよびMAKOTO WILLは、仙台を拠点に東北各地で地域内の起業家の発掘・育成を行ってきました。その取り組みの中で、他地域や多業種に事業を拡大展開するような、ロールモデルとなる起業家の育成支援の必要性を認識し、KDDIとのパートナーシップの中で、「Tohoku Future Builders」を立ち上げることになりました。

1. 実施内容

  • (1)
    起業特化型eラーニング
  • (2)
    集合研修や個別メンタリングによる事業拡大支援
  • (3)
    投資家/事業会社マッチング機会の提供

2. 開催日程

2019年10月9日 (応募受付開始) から2020年3月

3. プログラム特設サイト

新規ウィンドウが開きますhttps://tohokubuilders.com/

4. プログラムロゴ

■KDDIが目指すSDGs

KDDIは、SDGsの達成に向け、事業を通じて解決する社会課題の一つとして、地方創生および教育事業に取り組んでいます。人財育成、ICTを活かしたビジネスの知見やファンドを軸にした地域企業のサポートに加え、教育における地域格差を解消するための環境整備もあわせて推進していきます。地域や企業とのパートナーシップにより、サステナブルなビジネスモデルを構築し、課題を継続的に解決できる「地域の明日」を、創っていきます。

<KDDIが目指す地方創生の姿>

今回の取り組みは、「新規ウィンドウが開きますKDDIが目指すSDGs」の「事業を通じて解決する社会課題」のうち、「地方創生」と「教育」に該当します。

事業を通じて解決する社会課題


  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。