メニューを開く
検索エリア

5G商用基地局の設置開始

このページを印刷する

~2021年度1万局を全国に展開、国内最多となる5万局超を2023年度末までに構築~

  • KDDI株式会社

2019年9月30日

KDDIは2019年9月30日に、第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G) の2020年3月の商用サービス開始に向け、5Gとして割り当てられた周波数帯および商用装置を用いた第1号となる基地局を設置し、電波発射を開始しました。今後、全国における5G商用基地局の設置を順次開始します。

5Gは、高齢化や労働人口の減少、地方の過疎化など社会が抱える課題の解決や、さまざまな産業の高度化への活用が期待されており、KDDIは、今後2023年度末までに国内最多となる53,626局 (該当項目へジャンプします注1)、基盤展開率93.2% (該当項目へジャンプします注2) にのぼる全国をカバーする5Gネットワークの展開を計画しています。

<au 5G第1号基地局>

■5G基地局の整備計画

  • 5G周波数の割り当て
    KDDIは国際的に利用が進む3.7GHz帯および28GHz帯をフルに活用し、産業の高度化や地方創生に資する取り組みを加速させると同時に、お客さまがワクワクする体験価値を創出していきます。

    <5G割当周波数>

  • 5G基地局開設計画
    KDDIは53,626局を全国に2023年度末までに全国に展開していきます。
    2021年度には10,622局を展開し、全国で利用可能となる5Gネットワークを構築します。

    <5G基地局開設計画>

  • 効率的な基地局整備 (インフラシェアリングなどの活用)
    5Gネットワークは、28GHz帯や3.7GHz帯のような高い周波数帯を用いるため、全国整備には膨大な数の基地局の設置が必要で、長期にわたる工事と多額の投資を伴います。効率的かつ早期に基地局整備をしていくために、既存の基地局サイトの活用に加え、国際的に利用が進む周波数帯に対応した海外事業者の採用実績のある機器の活用や、これまで以上に事業者間でインフラシェアリングによる効率的な基地局の整備などを推進し、地方創生に資するサービス提供のニーズに、早期にお応えしていきます。

KDDIは、「通信とライフデザインの融合」を推進し、"社会の持続的な成長に貢献する会社"として、強靭なネットワークを構築するとともに5G時代の新しい体験価値を創造していきます。

  • 注1)
    総務省「第5世代移動通信システム (5G) の導入のための特定基地局の開設計画の認定 (概要)」による。基地局数は、屋外と屋内の特定基地局数を記載。(KDDIと沖縄セルラー電話の合計値)
  • 注2)
    総務省の定める、全国における5G高度基地局が開設されたメッシュの総和を、全対象メッシュ数 (約4,600) で除した値

  • ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。